新着一覧


スタッフが本音で語る【2023年買って良かったものベスト3】佐藤編

2023.Dec. 19

毎年恒例の風魔横浜スタッフによる「その年買って良かったものランキング」のお時間です。

これを書いていると一年の終わりを感じますね。

今年は佐藤が先陣を切らせて頂きます!

 

第3位 GIRO HRc+GRIPソックス

これを買って悪く言った人を見たことがないというくらい評判のいいソックスです。

メリルスキンライフという新素材を使っていることが売りで、簡単に紹介すると

・吸収速乾性に優れる

・高い防臭効果

・特有の柔らかさにより締め付け感が少なく、履き心地が良い

というのが特徴です。

それに加えて足裏にはアーチサポートとグリップが設けられていて、靴の中で足をホールドしてくれたり足攣りを和らげてくれたりします。

 

靴下にはあまり拘りがない自分も、初めてこれを履いた時はこんなに快適さが違うのかとびっくりしました。

夏用ソックスとしては少々お高めですが(税込¥4,950-)、それだけの価値は十分にあります。

シューズとのフィット感・ホールド感が高まるのでパワーロス軽減の効果も期待できますよ。

 

第2位 ASSOS MILLE GT WIND JACKET C2

2023に発売されたばかりのASSOSのウィンドシェル。

今までウインドブレーカーは割と適当なもので済ませてきたので、一念発起していいヤツを買おうと去年予約しておいたのです。

結果、大正解でした。

 

今年って秋と冬の中間くらいの寒さの日が多くなかったですか?

しかも朝昼夜で気温が全然違ったりすることもあって、そうなるといよいよウェア選びが難しいですよね。

そういう時は秋ジャケットの上にこれを羽織るだけで大体解決するので本当に重宝しました。

改めてウィンドブレーカーは春秋の必需品だと実感しましたね。

 

とまあそれだけならこの商品である必要はないだろうという感じなんですが、やっぱりASSOSの新作だけあって普通のシェルとはモノが違いました。

このウィンドブレーカー、とにかく着心地が良いんです。

 

まずシェル素材がすごいです。極薄でしなやかなので適当に丸めてポケットに入れてもそんなにかさばりません。

そして手触りが良い。半袖ジャージの上に直接着ても至って快適です。

また、擦れあった時の音がすごく静かでシャカシャカしません。

 

ボディ側面と腕部分内側の黒い部分は伸縮素材になっています。

これのおかげで全く伸縮性のない商品と違って程よいフィット感で着られるうえ、体も動かしやすい。

更にこの部分は内側の蒸れ感を逃がす役目も果たしていて、その透湿感も絶妙なんです。

保温と通気性という対立する性能をものすごく高い次元で両立しています。

 

襟部分の内側には一段と肌触りのよい速乾素材を貼り合わせています。

これのおかげで首回りのデリケートなお肌にも一切ストレスを与えません。

 

これ着ちゃうと普通のウインドブレーカーはもう着れませんね。

来年はこれのジレを買おうと思います。

 

第1位 ENDURO XD-15 Corsa

栄えある1位はENDUROのセラミックBBです。

久々に機材で感動を覚えたので。

 

これまでいくつかのブランドのセラミックBBを使ってきましたが、回転の良さは感じるものの言うほどでもなかったり、ベアリングが短命だったりと、価格差を考えると普通の鋼球でいいんじゃないかなと思うこともしばしば。

そんな中ENDUROの高いやつは本物だというのはいろんな人から聞いていたので、今回勢いで買ってみました。

 

使ってみた結果。もう最高っす。

BBの回転がいかに重要なのか、本当の意味で理解できました。

そしてそれがライドのクオリティにどれだけの影響を与えるのかも。

 

この性能の高さを言葉で表現するのは難しいのですが、一つ言えるのは買って2ヵ月経った今でも良さを感じているということです。

普通の機材は3日も経ったらその良さを忘れますからね。

それだけでもこれの凄さがお分かり頂けるんじゃないかと思います。

 

おまけにメンテナンスが可能な構造なのでお手入れをしっかりすれば長く使えるというのも嬉しい。

ENDUROってセラミック系ブランドの中では地味な印象を持っている人が多いかもしれませんが、実際は世界トップクラスです。

もっと評価されて欲しいですね。

 

今年はいろいろと出費が多かったので自転車用品はあまり買っていないつもりだったんですが、意外とそうでもなかったです。

貯金が貯まらないわけだ・・・

 

来年はどんな買い物をしましょうかね。

皆さんもたくさん買物して頂けると嬉しいです。

来年もよろしくお願いします!

 

年末年始営業のお知らせ

2023.Dec. 16

平素より当店をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

早いもので今年も残す所あと僅かとなりました。

年末年始の営業についてご案内させていただきます。

 

12月27日(水)  定休日

12月28日(木)  定休日

12月29日(金)  通常営業

12月30日(土)  通常営業(年内営業最終日)

12月31日(日)  年末年始休業

1月1日(月)  年末年始休業

1月2日(火)  年末年始休業

1月3日(水)  定休日

1月4日(木)  定休日

1月5日(金)  年始営業開始日

 

修理などの作業は内容によって、年明けのお渡しになる場合がございますのでご了承ください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

“神奈川エリア初!”系列店にてASSOSポップアップストアが期間限定オープンします

2023.Dec. 16

サイクルアパレルの最高峰として揺るぎない地位を確立しているASSOS。

そんなASSOSのポップアップストアを当系列のGROVE鎌倉にて期間限定でオープンいたします。

以下、鎌倉店ブログよりご紹介です。

 

12月23日(土)〜1月8日(月・祝)プレミアムサイクルウェアブランド“ASSOS” のポップアップストアがGROVE鎌倉 店内に期間限定オープンいたします。

※年末年始に伴う休業日がございますのでご注意くださいませ。

 

期間中は秋・冬シーズンの湘南エリアで、より一層快適にライドを楽しむためのタイツ・インナーウェアをはじめ、ジャケットからウィンドシェル、アクセサリーに至るまで豊富なラインナップをご用意しております。

メンズモデルに加え、今回のポップアップストアでは沢山のリクエストにお応えし、普段店頭ラインナップには無かったレディースモデルを数多く展示いたします。

「女性モデルを実際に見てみたいけど、どこで見れるの?」とお悩みの方にはピッタリの機会かと思います。

フィッティングやおすすめの着合わせなど、お客様の楽しむルートや運動強度に合わせたご案内をさせていただきますので、お悩みの際はお気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

 

イベント期間中にASSOS製ジャケット・サイクルパンツをご購入頂くと、持っていると便利な”サドル下への差し込み型フェンダー”「MUD GUARD MONOGRAM」をプレゼントいたします!!

※数量限定、先着順とさせていただいております。品切れの際はご了承くださいませ。

 

さらに!!イベント期間中はASSOSショーツ・タイツのご購入の際、ブランドを問わずご不要となったパッド付きサイクルパンツを3,000円で下取りするキャンペーンを開催させていただきます。

是非この機会をお見逃しなく!!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

【最高のインドアサイクリングを】wahoo KICKR MOVE

2023.Dec. 11

話題のwahooの新型スマートトレーナー、「KICKR MOVE」が入荷しました!

 

■wahoo  KICKR MOVE ¥253,000-

このKICKR MOVEはその名の通り、ベース部分が前後に約20cmスライドする機構が組み込まれています。

それによりパダルをグッと踏み込んだ際の挙動がとても実走に近く、今まで以上にインドアサイクリングが可能に。

従来の「固定されてる感」とはおさらばです。

またこの機構によって、従来のスマートトレーナーよりも快適性がかなり向上しています。

長時間のインドアトレーニングもしやすいですね。

実走だと平気なのにローラーだとお尻の痛みや身体の疲れが出るという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

これが動いている図。

曲線レールで移動量を制御できるようになっているので、シッティングのペダリングでは大きく動かず、もがいたりスプリントなどするといい感じに動いてくれます。

 

もちろんロックも可能なので、バイクの脱着や動かしたくない時は固定できます。

 

従来のKICKRにも採用されていた、トレーナーの左右の足2本に柔軟性のあるゴムを使用して左右5°の範囲で傾くようになっている「AXISベース」も搭載。

前後のスライドと合わせてよりリアルで快適なトレーニングを提供してくれます。

 

また勾配変化を再現できるKICKR CLIMBのアダプターも発売。

KICKR MOVEと全く同じ弧を描くように設計されており、すでにKICKR CLIMBを使用している方もKICKR MOVEと併せて使用する事ができます。

最高のインドアサイクリングを求める方は是非KICKR CLIMBも。

 

私自身もローラーの固定されてる感が好きではなくインドアトレーニングをしていないのですが、KICKR MOVEであればできそうです。

以前展示会で軽くKICKR MOVEを試してみたのですが、実走や3本ローラーに近い感覚でした。

これならズイフトも楽しくできそう。

理想はKICKR CLIMBも併せてしたいところ。

11速カセットや、様々なフレーム規格のエンドアダプターが付属するので出してすぐ大体の自転車で使えるのもいいですね。

 

KICKR MOVEなどwahoo製品の在庫やご相談などお気軽にお問い合わせください。

BIKE-ONLINEでも販売中です。こちもご利用ください。

Cervélo Soloist フレームセット、奇跡の再入荷!

2023.Dec. 4

前回入荷した際には多くのお問い合わせをいただいたSoloist。

フレームセットでの入荷はその一回限りでもう入ってこないと思われていたのですが、奇跡的に一本だけ入ってきました!

 

■Cervélo Soloist フレームセット ¥484,000-

SoloistとはSシリーズの前身となるCervéloの名車エアロロードの名前です。

現代に生まれ変わったSoloistはS5よりも軽く、R5よりもエアロなバイクとなりました。

そしてこのSoloistは、「軽量化と空力性能のバランスを取り、整備性も高いプロ専用ではなくアマチュアレーサーのためのバイク」として作られています。

 

アマチュアレーサー向け、と言っても性能は一級品。

Cervéloのバイク作りに妥協の文字はありません。

実際パリルーベではJumbo Vismaの選手は全員がSoloistを駆り、見事3位を獲得しています。

 

現代のエアロロードを感じさせる造形です。

タイヤクリアランスは34mmと広くとられており、トレンドに則った感じ。

 

カラーはEmbers。

パッと見は黒っぽいですが、フレークが多く練りこまれており光に当てるとキラキラ輝きます。

こればかりは写真では伝わらないので是非実物をご覧ください。

ちなみにEmbersとは燃えさしや残り火という意味らしく、色で言うとくすぶった灰色や木炭のような色を指すようです。

なんだかオシャレですね。

 

フォークコラムはR5やCaledonia5と同じくD型になっています。

R5などに使用する専用ステムを使うことで完全内装にも対応。

それだけでなく、完全内装用の一体型ハンドルから一般的な汎用ステム・汎用ハンドルの組み合わせまでほぼ全ての規格のパーツで組むことが可能です。

ポジションの自由度・整備性も高く、好みのメーカーや形状のハンドルを使うことが出来ます。

また、電動コンポだけではなく機械式変速にも対応しています。

 

BBにも整備性の高さが現れています。

T47-BBrightというねじ切りの規格を採用。

圧入式と比べトラブルも少なく、セルフメカニックがしやすいです。

 

サイズは54、適正身長目安は168~176cmほどとなります。

アマチュアレーサーのための「ちょうどいい」バイク、なんだか自分の為のバイクなんじゃないかと思ってしまいますね。

それだけでなく性能や機能性抜きにしても、カッコいいだけで欲しくなってしまう1台です。

フレームセットは希少な在庫ですのでお見逃しなく!

サイズ等のご相談もお気軽にお問い合わせください。

新色グリーンのサーディンが入荷しました

2023.Nov. 27

“クールでメロウな自転車パーツ問屋”ことオルタナティブバイシクルズの代表として知られる北澤肯氏が従来の携帯工具に疑問を抱いたことから作られた全く新しいツール、サーディン。SNSで人気に火が付いたイメージですが、一過性のブームに終わらずに定番商品として定着した感があります。

 

見た目の高級感もさることながら、機能を絞って使いやすさを追求するというコンセプトが人気の理由でしょう。重量はわずか38g、サイズも手のひらにちょうど収まる大きさで使い勝手は抜群です。

 

そんなサーディンの新色が入荷しました。

 

新色のサーディンは鮮やかなグリーン。毎度のことながらアルマイトが高品質でラグジュアリー感たっぷりです。

実は同期デビューのパープルも入荷していたのですが、そちらの方は即売れてしまいました。

 

ビットはこんな感じに格納されていて、6、5、4、3とT25の5種類。出先でよく使うサイズを厳選したという感じ。

多機能を売りとする携帯工具に比べるとちょっと少ない感じがしますが、これこそがサーディンの良さです。

それぞれのビットはウェーブワッシャーで与圧されていて適度なフリクションになるよう調整されているという手間のかけよう。

 

工具として見るととにかく早回しがやりやすいというのがサーディンのいいところ。

ツールを回転させることでボルトの頭からビットを抜くことなくボルトを締めることが可能。

スティック状なのでビットを縦にして回すのもやりやすいです。

 

なお北澤氏いわく、想定しているトルクは6mmが8Nm前後、その他のビットは5Nm前後とのこと。

あくまでも携帯工具なので、高トルクが必要な箇所はきちんとノーマルなレンチを使った方がいいです。

 

なお当初別売りだった専用ホルダーは現行のパッケージではセット販売となっています。(ホルダー単体もまだ入手可能です)

専用品だけあって良く出来ていて、サーディンの真価はこれと組み合わせてこそ発揮されます。

フレームから適度に距離を取ってあるのでビットが回ってしまってもバイクを傷つけることはありません。

 

自分で使うのももちろんですが、贈答用としても良い商品じゃないでしょうか。

今年クリプレの交換会がある方はぜひ。

当店通販ページのBIKE-ONLINEでもご購入頂けます。

遠方にお住まいの方はこちらもご利用ください。

冬はコレで決まり! 「わかってる」ソックス 【ASSOS WINTER SOCKS EVO】

2023.Nov. 20

急に来ましたね、冬。

横浜周辺では20℃近い日常から突然10℃を下回るような寒さで何を着たらいいかわからない日々が訪れております。

通勤等で朝晩乗ることの多い自分は秋装備ではちょっと厳しくなり始め、富士ヒルの下山以来放置していた冬装備を引っ張り出してきました。走るとちょっと暑いですがガタガタブルブルは嫌ですし、もう12月も近いですしね。

早めに冬の支度を済ませて快適にライドしましょう!ということで今日は冬小物ASSOSの冬用ソックス、WINTER SOCKS EVOのご紹介です。

 

ASSOS – WINTER SOCKS EVO ¥4,290-(税込)

 

最高と評価されるビブショーツの印象が強い(と思われる)ASSOS、小物類も「わかってる」調子いいアイテムが揃っています。

WINTER SOCKS EVOは、薄さとその暖かさが特徴のソックス。アップデートされ名前に「EVO」が追加された新モデルです。

具体的にはつま先周辺部のグレーのパネルが前モデルよりも毛足が長いパイル生地になって、足先部分の保温力が向上。また、丈が15cm → 17cmと長くなりました。

写真ではお伝えしづらいですが、通年用と比較しても厚みを感じない”薄さ”がこのソックスの「わかってる」ポイント。

どうしても冬用ソックスとなると厚ぼったくて、オンシーズンにジャストで合わせたシューズだときつくなってしまうこともしばしば。ASSOS WINTER SOCKS EVOならその悩みとお別れできます。

続いての「わかってる」は”履き心地”。大事ですよね。

素材を冬用アイテムで良く使用されているメリノウールではなく、防臭加工が施されたポリエステルをメインに使った混紡素材を使用。

どんなに高品質でも装着感が独特なメリノウール。あえて化繊を使うことで、暖かいのにサラッとした履き心地、を実現しています。

なんとなく履き心地・装着感の良くないアイテムは使う頻度が下がり、徐々にタンスの奥へ行ってしまうこともしばしば。ASSOS WINTER SOCKS EVOなら自然と洗濯明け最初に手に取るはずです。

そして最後、”適度な保温力”、これに「わかってる」を強く感じます。

寒い時期に履くアイテムなのに「暑すぎない」を実現するのは中々難しいと思うのです。これは使ってみないとわからない感覚的なことですが、使えばすぐに理解してソックス愛、さらにはASSOS愛につながります。

ASSOSにはもっと寒い厳冬期用にULTRAZ WINTER SOCKS EVOという最強ソックスもラインナップされています。

とにかく冷えから守られたい、という方にはこちらもオススメですが、どうしても厚みが増してしまいます(それでも十分薄いです)。

関東圏・横浜周辺で極端な冷え性等でなければWINTER SOCKS EVOで、今くらいならソックスのみ、もう少し寒くなったらトゥーカバー→シューズカバーと組み合わせて余裕を持って冬越せます。

 

カラー展開はありません。冬ならタイツやシューズカバーに隠れるので汚れが目立たない黒で良いはずです(よね?)。旧モデルでは足首にあったASSOSロゴが無くなっているのも同じ理由かと。さらに真っ黒ではないのでタンスの中で行方不明にもなりにくいです。

0、1、2と3サイズ展開。35~38が0サイズ、39~42が1サイズ、43~46が2サイズです。42.5の私は1サイズです。

薄いけど暖かくて履き心地が良いソックス。冬でも外でライドするライダー全員にオススメです。

ロード・グラベル・CX・MTBとジャンルレスにお使いください。

 

 

ちなみに、足首にASSOSロゴのある旧モデルWINTER SOCKSもまだ少し在庫しておりまして、こちらは旧品ということで少々お求め安くしております。ゼヒ。

THE・オールラウンダー!SCOTT ADDICT RC 40

2023.Nov. 14

SCOTTのバイクというと最近ではFOILが注目されがちですが、ADDICTも忘れてはいけません。

ADDICTは歴代、軽量で高剛性なオールラウンドバイクでした。

そして現行モデルは近年ではもはや必須とも言えるエアロ性能を備えるように。

このADDICT RCはまさに死角なし!な1台です。

 

■SCOTT ADDICT RC 40 105 Di2 ¥759,000-(税込)

ADDICTシリーズをご紹介する際に何度か触れているのでご存じの方も多いと思いますが、「ADDICT」シリーズにはフレームが2種類あります。

こちらは2種類あるAddictの中で「RC」とつくレーシーなタイプ。

RCの方がよりリーチが長く、スタックが低いジオメトリーになっています。

フレームの各部形状も違っており、RCの方がよりエアロでマッシブです。

また、RCに使われるカーボンはHMXカーボンという軽量で高弾性なものが使われています。

実はこのグレードのフレームはプロチームの選手が乗っているのと同じものなんです。

 

写真ではなかなか伝わらないですがゴールドのフレークからカーボン地へのグラデーションカラーが綺麗です。

ロゴは最近流行り?なクローム。

是非実物をご覧いただきたいカラーです。

 

コンポーネントは105 Di2。

新型機械式105の登場もあり、もうすっかり12速コンポが主流になってきました。

上位グレードにも劣らずな105 Di2、オススメです。

今後のアップグレードもしやすくていいですね。

 

最初からダイレクトマウントタイプのディレーラーハンガーになっているのは嬉しいポイント。

見た目がスッキリ、ホイールの脱着も楽になったりといいこと尽くしです。

 

コックピットまわりは専用ステムから内装するシステム。

ハンドルはインターナルルーティング対応のものであれば汎用のお好きなハンドルが使えます。

ポジションの調整が効きやすいのはとてもGOOD。

ポジションが決まったら専用の一体型ハンドルに変えちゃうのもいいですね。

かなりの軽量化とエアロ化が見込めますし、なによりカッコいいです。

 

ホイールはSyncrosのアルミホイール。

前後で約1700gちょっとと、完成車付属のアルミホイールとしては悪くないですが、ゆくゆくはカーボンホイールに変えてあげたいところですね。

さらにADDICT RCのポテンシャルを引き出せるようになります。

 

タイヤは28C。

レーシングバイクでも標準で28Cのバイクが増えてきました。

実際使ってみるとタイヤの重量増はほぼ気にならないのにグリップやスムーズさ、乗り心地は明らかに良いです。

 

かなりスペックの高いADDICT RC。

店頭在庫はSサイズとMサイズ、適応身長はそれぞれ165cm~175cm、170~180cmくらいが目安となります。

サイズ違いもご用意可能です。

サイズ選びや在庫などお気軽にお問い合わせください。

【期間限定!】スペシャライズド 無金利ローンキャンペーン開催!

2023.Nov. 10

 

スペシャライズドは、⼀度に⼤きな負担をすること無く計画的にサイクリングを楽しめるファイナンス⼿段を気軽にお試しいただけるよう、期間限定で無⾦利キャンペーンを開催します!

対象商品のお⽀払いでショッピングクレジット(ジャックス)をお選びいただくと、分割払いの⾦利⼿数料が最⼤24回まで0円、36回払いと48回払いでは半額となります。

なお、減額分の⾦利⼿数料はスペシャライズド・ジャパンが負担致します。

⼀括でのお⽀払いと同じ総⽀払額で、⼿元に現⾦を残しながら上質なバイクライフをお楽しみください。

 

 

~無金利キャンペーン詳細~

期間:2023年11⽉10⽇(⾦)〜2024年1⽉12⽇(⾦)の申請

対象製品:税込10万円以上のスペシャライズド製のバイクまたはフレームセット、Rovalホイール

⽀払い条件:24回払いまでは⾦利⼿数料無料、36回払いと48回払いは⾦利⼿数料半額

実施店舗:JACCSと包括契約を締結しているスペシャライズド正規販売店、公式オンラインストア

 

※1商品で税込10万円以上のバイク、フレームセット、Rovalホイールのご購⼊でご利⽤いただけます

※クリアランスセール対象商品も購⼊⾦額が条件を満たせば対象となります

※ホイール以外のエキップメントは対象外です

※前後別売のホイールの場合、1商品あたり税込10万円以上で対象となります

※完成⾞もしくはフレームセット付属以外のコンポーネントおよび組み⽴て⼯賃は契約に含むことができません

※頭⾦の設定が可能ですが(公式オンラインストアを除く)、ショッピングローンの契約⾦額が10万円以上の場合のみキャンペーンが適⽤されます

※ショッピングローンのご利⽤には、提携信販会社の株式会社ジャックスとの⽴替払い(クレジット)契約の締結が必要です

※信販会社の審査によりご利⽤いただけない場合がございます

※事前の告知なく内容の変更、終了となる場合がございます

 

 

そんなわけで当店のキャンペーン対象在庫を一部ご紹介します!

お取り寄せの対応ももちろん可能ですのでお気軽にご相談ください。

■SPECIALIZED ALLEZ E5 SPORT ¥170,500-(税込) →SALE PRICE ¥119,350-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月6,650円、以降月々4,900円

 

■ROVAL ALPINIST CLX Ⅱ ¥341,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月14,400円、以降月々14,200円

 

■SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP AL ¥440,000-(税込) →SALE PRICE ¥308,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月13,600円、以降月々12,800円

 

■SPECIALIZED CHISEL HT ¥220,000-(税込) →SALE PRICE ¥154,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月6,800円、以降月々6,400円

【唯一無二のドリームバイク】 Cervélo S5

2023.Nov. 5

去年はツール・ド・フランスのジャージを、今年は三大グランツールを総なめにしたノリにノっているチームJumbo Vismaの駆るCervélo S5。

そんな唯一無二のスペシャルなエアロロードをオーダー頂いたのでご紹介いたします。

 

これぞCervélo!これぞS5!ですね。

近年ピュアなエアロロードは減りつつありますが、その中でも異彩を放っています。

正面から見ると本当に薄いです。

先代S5とはほぼ変わっていないように見えますが、UCIのレギュレーション変更に合わせて細部が変更されています。

 

S5は歴代色々な進化をしてきましたが、パッと見のシルエットは大きく変わりませんね。

このシートチューブがタイヤに超沿っているのがやっぱりS5です。

こう見えて34mmまでのワイドタイヤに対応しています。

先代S5では28mmまでだったタイヤクリアランスの拡大もチームからの要望だったそう。

UCIのプロでももうすっかり28Cが主流なようです。

 

S5といえば特徴的なこのコックピット。

先代から同じような形状が採用されていますが、空力向上のため形状が変更され細くなっています。

また、先代ではかなり面倒で三段階でしか調節できなかったハンドルの角度が0~5度で無段階調整が可能に。

これはチームからの強い要望だったようです。

 

スペーサーは7.5mmが2枚、5mmが3枚付属しており、30mmスタックの調整が可能になっています。

画像は全部スペーサーを積んでいる状態です。

構造上ステム上にはスペーサーを積まないのであまり違和感はありませんね。

 

ホイールはCerveloとSANTACRUZが共同で開発しているReserveの52/63。

リムハイトはモデル名通りで、リム幅が内幅フロント 25mm・リア 24mm、外幅フロント 35mm・リア 34mmと現存するロードバイクホイールの中でもトップレベルに現代的でイケてるリムプロファイルとなっています。

28Cタイヤで最高の性能が出るように空力設計が行われているとのことですが、25cも使用可能です。

のちろんチューブレス対応ですが、フックドリムなのでクリンチャータイヤも使えるのは嬉しいですね。

 

そんな性能もプライスも「ドリーム」なCervélo S5のご紹介でした。

この度はありがとうございました。S5でのライド、存分に楽しんでくださいね!

 

ちなみにS5は完成車でしたら一部ご用意可能なものもございます。

ご興味ある方はお気軽に風魔横浜までお問い合わせください。