新着一覧


冬はコレで決まり! 「わかってる」ソックス 【ASSOS WINTER SOCKS EVO】

2023.Nov. 20

急に来ましたね、冬。

横浜周辺では20℃近い日常から突然10℃を下回るような寒さで何を着たらいいかわからない日々が訪れております。

通勤等で朝晩乗ることの多い自分は秋装備ではちょっと厳しくなり始め、富士ヒルの下山以来放置していた冬装備を引っ張り出してきました。走るとちょっと暑いですがガタガタブルブルは嫌ですし、もう12月も近いですしね。

早めに冬の支度を済ませて快適にライドしましょう!ということで今日は冬小物ASSOSの冬用ソックス、WINTER SOCKS EVOのご紹介です。

 

ASSOS – WINTER SOCKS EVO ¥4,290-(税込)

 

最高と評価されるビブショーツの印象が強い(と思われる)ASSOS、小物類も「わかってる」調子いいアイテムが揃っています。

WINTER SOCKS EVOは、薄さとその暖かさが特徴のソックス。アップデートされ名前に「EVO」が追加された新モデルです。

具体的にはつま先周辺部のグレーのパネルが前モデルよりも毛足が長いパイル生地になって、足先部分の保温力が向上。また、丈が15cm → 17cmと長くなりました。

写真ではお伝えしづらいですが、通年用と比較しても厚みを感じない”薄さ”がこのソックスの「わかってる」ポイント。

どうしても冬用ソックスとなると厚ぼったくて、オンシーズンにジャストで合わせたシューズだときつくなってしまうこともしばしば。ASSOS WINTER SOCKS EVOならその悩みとお別れできます。

続いての「わかってる」は”履き心地”。大事ですよね。

素材を冬用アイテムで良く使用されているメリノウールではなく、防臭加工が施されたポリエステルをメインに使った混紡素材を使用。

どんなに高品質でも装着感が独特なメリノウール。あえて化繊を使うことで、暖かいのにサラッとした履き心地、を実現しています。

なんとなく履き心地・装着感の良くないアイテムは使う頻度が下がり、徐々にタンスの奥へ行ってしまうこともしばしば。ASSOS WINTER SOCKS EVOなら自然と洗濯明け最初に手に取るはずです。

そして最後、”適度な保温力”、これに「わかってる」を強く感じます。

寒い時期に履くアイテムなのに「暑すぎない」を実現するのは中々難しいと思うのです。これは使ってみないとわからない感覚的なことですが、使えばすぐに理解してソックス愛、さらにはASSOS愛につながります。

ASSOSにはもっと寒い厳冬期用にULTRAZ WINTER SOCKS EVOという最強ソックスもラインナップされています。

とにかく冷えから守られたい、という方にはこちらもオススメですが、どうしても厚みが増してしまいます(それでも十分薄いです)。

関東圏・横浜周辺で極端な冷え性等でなければWINTER SOCKS EVOで、今くらいならソックスのみ、もう少し寒くなったらトゥーカバー→シューズカバーと組み合わせて余裕を持って冬越せます。

 

カラー展開はありません。冬ならタイツやシューズカバーに隠れるので汚れが目立たない黒で良いはずです(よね?)。旧モデルでは足首にあったASSOSロゴが無くなっているのも同じ理由かと。さらに真っ黒ではないのでタンスの中で行方不明にもなりにくいです。

0、1、2と3サイズ展開。35~38が0サイズ、39~42が1サイズ、43~46が2サイズです。42.5の私は1サイズです。

薄いけど暖かくて履き心地が良いソックス。冬でも外でライドするライダー全員にオススメです。

ロード・グラベル・CX・MTBとジャンルレスにお使いください。

 

 

ちなみに、足首にASSOSロゴのある旧モデルWINTER SOCKSもまだ少し在庫しておりまして、こちらは旧品ということで少々お求め安くしております。ゼヒ。

THE・オールラウンダー!SCOTT ADDICT RC 40

2023.Nov. 14

SCOTTのバイクというと最近ではFOILが注目されがちですが、ADDICTも忘れてはいけません。

ADDICTは歴代、軽量で高剛性なオールラウンドバイクでした。

そして現行モデルは近年ではもはや必須とも言えるエアロ性能を備えるように。

このADDICT RCはまさに死角なし!な1台です。

 

■SCOTT ADDICT RC 40 105 Di2 ¥759,000-(税込)

ADDICTシリーズをご紹介する際に何度か触れているのでご存じの方も多いと思いますが、「ADDICT」シリーズにはフレームが2種類あります。

こちらは2種類あるAddictの中で「RC」とつくレーシーなタイプ。

RCの方がよりリーチが長く、スタックが低いジオメトリーになっています。

フレームの各部形状も違っており、RCの方がよりエアロでマッシブです。

また、RCに使われるカーボンはHMXカーボンという軽量で高弾性なものが使われています。

実はこのグレードのフレームはプロチームの選手が乗っているのと同じものなんです。

 

写真ではなかなか伝わらないですがゴールドのフレークからカーボン地へのグラデーションカラーが綺麗です。

ロゴは最近流行り?なクローム。

是非実物をご覧いただきたいカラーです。

 

コンポーネントは105 Di2。

新型機械式105の登場もあり、もうすっかり12速コンポが主流になってきました。

上位グレードにも劣らずな105 Di2、オススメです。

今後のアップグレードもしやすくていいですね。

 

最初からダイレクトマウントタイプのディレーラーハンガーになっているのは嬉しいポイント。

見た目がスッキリ、ホイールの脱着も楽になったりといいこと尽くしです。

 

コックピットまわりは専用ステムから内装するシステム。

ハンドルはインターナルルーティング対応のものであれば汎用のお好きなハンドルが使えます。

ポジションの調整が効きやすいのはとてもGOOD。

ポジションが決まったら専用の一体型ハンドルに変えちゃうのもいいですね。

かなりの軽量化とエアロ化が見込めますし、なによりカッコいいです。

 

ホイールはSyncrosのアルミホイール。

前後で約1700gちょっとと、完成車付属のアルミホイールとしては悪くないですが、ゆくゆくはカーボンホイールに変えてあげたいところですね。

さらにADDICT RCのポテンシャルを引き出せるようになります。

 

タイヤは28C。

レーシングバイクでも標準で28Cのバイクが増えてきました。

実際使ってみるとタイヤの重量増はほぼ気にならないのにグリップやスムーズさ、乗り心地は明らかに良いです。

 

かなりスペックの高いADDICT RC。

店頭在庫はSサイズとMサイズ、適応身長はそれぞれ165cm~175cm、170~180cmくらいが目安となります。

サイズ違いもご用意可能です。

サイズ選びや在庫などお気軽にお問い合わせください。

【期間限定!】スペシャライズド 無金利ローンキャンペーン開催!

2023.Nov. 10

 

スペシャライズドは、⼀度に⼤きな負担をすること無く計画的にサイクリングを楽しめるファイナンス⼿段を気軽にお試しいただけるよう、期間限定で無⾦利キャンペーンを開催します!

対象商品のお⽀払いでショッピングクレジット(ジャックス)をお選びいただくと、分割払いの⾦利⼿数料が最⼤24回まで0円、36回払いと48回払いでは半額となります。

なお、減額分の⾦利⼿数料はスペシャライズド・ジャパンが負担致します。

⼀括でのお⽀払いと同じ総⽀払額で、⼿元に現⾦を残しながら上質なバイクライフをお楽しみください。

 

 

~無金利キャンペーン詳細~

期間:2023年11⽉10⽇(⾦)〜2024年1⽉12⽇(⾦)の申請

対象製品:税込10万円以上のスペシャライズド製のバイクまたはフレームセット、Rovalホイール

⽀払い条件:24回払いまでは⾦利⼿数料無料、36回払いと48回払いは⾦利⼿数料半額

実施店舗:JACCSと包括契約を締結しているスペシャライズド正規販売店、公式オンラインストア

 

※1商品で税込10万円以上のバイク、フレームセット、Rovalホイールのご購⼊でご利⽤いただけます

※クリアランスセール対象商品も購⼊⾦額が条件を満たせば対象となります

※ホイール以外のエキップメントは対象外です

※前後別売のホイールの場合、1商品あたり税込10万円以上で対象となります

※完成⾞もしくはフレームセット付属以外のコンポーネントおよび組み⽴て⼯賃は契約に含むことができません

※頭⾦の設定が可能ですが(公式オンラインストアを除く)、ショッピングローンの契約⾦額が10万円以上の場合のみキャンペーンが適⽤されます

※ショッピングローンのご利⽤には、提携信販会社の株式会社ジャックスとの⽴替払い(クレジット)契約の締結が必要です

※信販会社の審査によりご利⽤いただけない場合がございます

※事前の告知なく内容の変更、終了となる場合がございます

 

 

そんなわけで当店のキャンペーン対象在庫を一部ご紹介します!

お取り寄せの対応ももちろん可能ですのでお気軽にご相談ください。

■SPECIALIZED ALLEZ E5 SPORT ¥170,500-(税込) →SALE PRICE ¥119,350-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月6,650円、以降月々4,900円

 

■ROVAL ALPINIST CLX Ⅱ ¥341,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月14,400円、以降月々14,200円

 

■SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP AL ¥440,000-(税込) →SALE PRICE ¥308,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月13,600円、以降月々12,800円

 

■SPECIALIZED CHISEL HT ¥220,000-(税込) →SALE PRICE ¥154,000-(税込)

頭金なし 支払期間24ヶ月の場合 → 初月6,800円、以降月々6,400円

【唯一無二のドリームバイク】 Cervélo S5

2023.Nov. 5

去年はツール・ド・フランスのジャージを、今年は三大グランツールを総なめにしたノリにノっているチームJumbo Vismaの駆るCervélo S5。

そんな唯一無二のスペシャルなエアロロードをオーダー頂いたのでご紹介いたします。

 

これぞCervélo!これぞS5!ですね。

近年ピュアなエアロロードは減りつつありますが、その中でも異彩を放っています。

正面から見ると本当に薄いです。

先代S5とはほぼ変わっていないように見えますが、UCIのレギュレーション変更に合わせて細部が変更されています。

 

S5は歴代色々な進化をしてきましたが、パッと見のシルエットは大きく変わりませんね。

このシートチューブがタイヤに超沿っているのがやっぱりS5です。

こう見えて34mmまでのワイドタイヤに対応しています。

先代S5では28mmまでだったタイヤクリアランスの拡大もチームからの要望だったそう。

UCIのプロでももうすっかり28Cが主流なようです。

 

S5といえば特徴的なこのコックピット。

先代から同じような形状が採用されていますが、空力向上のため形状が変更され細くなっています。

また、先代ではかなり面倒で三段階でしか調節できなかったハンドルの角度が0~5度で無段階調整が可能に。

これはチームからの強い要望だったようです。

 

スペーサーは7.5mmが2枚、5mmが3枚付属しており、30mmスタックの調整が可能になっています。

画像は全部スペーサーを積んでいる状態です。

構造上ステム上にはスペーサーを積まないのであまり違和感はありませんね。

 

ホイールはCerveloとSANTACRUZが共同で開発しているReserveの52/63。

リムハイトはモデル名通りで、リム幅が内幅フロント 25mm・リア 24mm、外幅フロント 35mm・リア 34mmと現存するロードバイクホイールの中でもトップレベルに現代的でイケてるリムプロファイルとなっています。

28Cタイヤで最高の性能が出るように空力設計が行われているとのことですが、25cも使用可能です。

のちろんチューブレス対応ですが、フックドリムなのでクリンチャータイヤも使えるのは嬉しいですね。

 

そんな性能もプライスも「ドリーム」なCervélo S5のご紹介でした。

この度はありがとうございました。S5でのライド、存分に楽しんでくださいね!

 

ちなみにS5は完成車でしたら一部ご用意可能なものもございます。

ご興味ある方はお気軽に風魔横浜までお問い合わせください。

11月6日(月)【営業時間変更のお知らせ】

2023.Nov. 3

平素より当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

11月6日(月)は社員研修の為、誠に勝手ながら15:30までの短縮営業とさせていただきます。

 

ご利用の皆様には大変ご不便おかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

新型FOILフレーム・完成車 在庫ございます!

2023.Oct. 31

UCIの新レギュレーションに対応し生まれ変わった最新エアロロードFOIL。

先代モデルよりも21%速く、9%の軽量化、10%快適性が向上しています。

当店でもすでに何台かご納車させていただきましたが、お客様からの評判がすこぶる良いバイクです。

そんな新型FOILですが、いくつかご案内できるモデルがございます!

 

■SCOTT FOIL RC ULTIMATE HMX SL FRAME SET S(52)サイズ ¥649,000-(税込)

まずはこちらのフレームセット、FOIL RC ULTIMATE HMX SL。

通常のFOIL RCとはフレームに使用されているカーボンのグレードが異なっていて、FOIL RCが「HMXカーボン」なのに対しFOIL RC ULTIMATEではより軽量な「HMX SLカーボン」を採用。

完成度の高いFOIL RCから、FOIL RC ULTIMATEはフレーム・フォークで更に約100gもの軽量化がされています。

FOIL RCのHMXカーボンはワールドツアーのプロも使うトップグレードですがそれの更に上、まさに究極のフレーム。

このFOIL RC ULTIMATEは国内ではフレームセット販売のみとされている特別なグレードなんです。

 

■SCOTT FOIL RC 10 S(52)サイズ ¥990,000-(税込)

アルテグラDi2、カーボンホイール、カーボンハンドルを搭載した即戦力なパッケージのFOIL RC 10。

FOIL RC 10のフレームはHMXグレードとなっています。

ワールドツアーのプロ選手が実際にレースで使っているのと同じものなんです。

カーボン地にクリアだけというペイントもバイクのスパルタンな雰囲気を出していていいですね。

 

■SCOTT FOIL RC 30 XS(49)サイズ ¥770,000-(税込)

RC 30は新型FOILで1番ベーシックなグレードです。

コンポーネントは105Di2、アルミハンドルにアルミホイールがアッセンブルされています。

後々のアップグレードが楽しみですね。

カーボン地が透けている赤がすごく綺麗。

FOILのラインナップ中、私イチオシのカラーです。

 

乗り味はと言うとエアロロードっぽいグーンと伸びるような進み方なんですが、よくあるエアロロードよりもバイクの挙動が明らかに軽いです。

特にダンシングやコーナーなんかで強く感じます。

また、単純なバイクの性能だけでなく専用ステム・一体型ハンドルのサイズラインナップが豊富なのものいい所。

やはりロードバイクは自分に合ったポジションで乗るのが一番大切です。

 

サイズの相談や在庫の確認などお気軽にお問い合わせください。

【ハイパーバイク】Bianchi OLTRE PRO

2023.Oct. 27

以前もご紹介したBianchiのNew OLTREシリーズ。

その中でもひときわ魅力的なスペックのPROグレードが入荷しました!

 

■Bianchi OLTRE PRO ULTEGRA Di2 ¥1,155,000-(税込)

最上位モデルのRCと同じモールドで作られているPRO。

New OLTREで1番話題を呼んだエアディフレクターももちろん装備しています。

カーボン素材もRCと同じくハイモジュラスカーボンを使用していますが、カウンターヴェイルを搭載しているのがポイント。

カウンターヴェイル搭載ながらも、フレーム・フォーク合わせての重量増はわずか60gまで抑えられています。

エアディフレクターからカウンターヴェイルまで、Bianchiのテクノロジー満載のグレードです。

 

COMPとはエアディフレクターの有無だけでなく、フレーム細部の形状も変更されています。

タイヤクリアランスはかなり攻めているように見えますが32mmまでと広く取られており、トレンドな感じ。

純正のタイヤは28Cです。

 

コックピットはRC/PRO専用のREPARTO CORSEのエアロコックピットとなっています。

フレームと似た近未来的な形状ですごくマッチしていますね。

画像はサイコンマウントも取り付けた状態です。

ハンドルのセンターの穴から挟んで留めるユニークな付け方。

 

 

ホイールもREPARTO CORSE RC50。

チューブレス対応、リムハイト50mm、内幅21mm/外幅29mmとツボを抑えたスペックです。

重量も1,590gとそこそこ軽量。

珍しいグロスで艶のあるフィニッシュが高級感を感じさせます。

掃除も楽そうですね。

 

Bianchiのテクノロジーてんこ盛り!なフレームにアルテグラDi2、カーボンホイール褒美と死角なしのバイクに仕上がっています。

店頭の在庫は53サイズ、適応身長は165~175cmほど。

別サイズもご用意可能な場合もありますのでお気軽にお問い合わせください。

 

OLTRE PROフレームセット50サイズもございます。

是非店頭でご覧ください。

Cervélo R5 Deep Blue Sunset & Deda Alanera DCR のご紹介

2023.Oct. 17

Cervélo R5。ユンボカラーの印象が強いかと思いますが、今年は非常に魅力的なカラーがラインナップされております。

幸運なことにご注文頂き組ませていただいた【Deep Blue Sunset】のR5がパーツのアップグレードで入庫してまして、あんまり魅力的なのでご紹介させていただきます。

2023年、全てのグランツールで山岳最強を証明し続けたR5。その細身のフレームに良く似合う軽量なローハイトホイールに、快適性の高い3Dプリントされたサドル。オーナーが山岳系ロングライダーであることを物語っているかのようです。

こちらはフレーム販売のみの【Deep Blue Sunset】。今期はこちらと【OXBLOOD】という赤系のカラーが非常に人気が高いです。

どちらも光の当たり方で見え方がドラスティックに変化する味わい深いカラーリングです。

数は少ないですが、お取り寄せ可能なサイズ・仕様もありますのでご興味のある方はお気軽にご相談ください。

今回アップグレードしていただいたのがこちら、Deda ALANERA DCR。

昨今人気の高まっている完全内装システム対応の一体型エアロコクピット。

ある程度ポジション・フォームが定まっている方推奨ではありますが、バイクの格が上がるとびっきりのカスタムパーツではないでしょうか。

中でもALANERAが優秀な点として車種毎にそれぞれ設計された専用トップカバーがラインナップされている(別売です)点です。全ての一体型コクピットで最も豊富なラインナップがあり、例えば同じCervéloならこのR5用とCaledonia用が。他にもSPECIALIZEDやCANNONDALE、PINARELLOなどなど、全てのエアロロードを網羅する勢いです。

ということでこのR5のヘッドも専用スペーサーに変更しとってもクリーン。ワイヤー類の存在しない完全内装の良さを引き立てています。

ALANERAにはGARMINマウントも付属。

GARMINが付いた状態でハンドルと画面がフラットになり風が通り抜けるのが見えるかのようです。

が、付属のマウントは超絶シンプルなので下部GOPROアダプター等は取り付け出来ません。ライトやカメラ、ベルなど増設したい場合にはレックマウント等の多機能マウントへの変更がオススメです。

 

ハンドル・ステム一体型コクピットはまず第一にカッコイイ!

そして別体型比で空力の改善・軽量とメリットが大きいですがデメリットもございます。

まずは大体どれも高価です。そして細かい調整がしにくいです。

そんな中Dedaは専用スペーサーが多くの車種向けに販売されていたり、外⇔外400mmという幅狭めのサイズがラインナップされていたり選ばれる理由がたくさんあります。

芯⇔芯380mmくらいの、特に一体型ハンドルって少ないんですよね。ALANERAならありますよ。

ご自分のバイクに取り付けが可能かどうか、スペーサーの有無など、ご興味ありましたらお気軽にご相談ください。

軽量アルミXCバイク!SCOTT SCALE 965

2023.Oct. 15

今年モデルチェンジを果たしたSCOTTのXCバイク、SCALE 965が入荷しました!

 

■SCOTT SCALE 965 BLUE ¥228,800-(税込)

ブルーというシンプルなカラー名ですが、深いネイビーといった感じの色味でとても綺麗。

MTB系の鮮やかなアルマイトのカスタムパーツが映えそうです。

 

最近のSCOTTのMTBではお馴染み、SCALEもヘッドからケーブル類を内装しています。

木や枝に引っかけてしまうリスクも減り、見た目もスッキリに。

ロードバイクではもう内装が主流ですが、今後MTBもそうなっていくのでしょうか。

 

また、ヘッドパーツの向きを入れ替えることでヘッドアングルの変更が可能になっています。

走るフィールドや好みに応じてバイクの乗り味を合わせられるのは嬉しいですね。

 

フォークはXCバイクらしく100mmストロークのROCKSHOX Judy Silver。

リモートシステムを搭載しているので、走行中サスまで手を伸ばさず手元でロックアウトの操作が可能です。

 

タイヤはMAXXISのREKON RACE。

29×2.40とトレンドなワイドタイヤを装着しています。

ブラウンサイドなのもオシャレな雰囲気が出ていいですね。

 

ドライブトレインは1×12のシマノSLXのミックス。

ガシガシ使うにも十分なスペックです。

UDHを採用しているのでハンガーの入手性も高く、SRAMのEAGLEトランスミッションのインストールもできます。

 

店頭在庫はSサイズ。

適応身長は160cm前後となっております。

サイズ等のご相談はお気軽にスタッフまでお尋ねください。

【次世代のエアロロード】Oltre Comp 105 Di2

2023.Oct. 2

昨年発表されたNew OLTREシリーズ。

バイクだけではなくライダーが乗車した状態でエアロ性能が高まるよう設計された新時代のバイクです。

形状も近年の似たり寄ったりな感じではなく個性的で一際目立ちますね。

そんな生まれ変わったOLTREが風魔横浜にございます。

 

■BIANCHI OLTRE COMP 105Di2 ¥781,000-(税込)

これぞエアロロード!な造形。

シートステーとタイヤのクリアランスなんか攻め攻めで凄いですし、ボルテックスジェネレーター的なフォークブレードの突起がいかにもって感じです。

フレームとフォークにスルーアクスルの穴が貫通していないのも注目ポイント。

全く新しいコンセプトで作られたOLTRE、近未来感を感じます。

 

 

このOLTRE COMPは新OLTREシリーズでは一番リーズナブルなグレード。

RC / PROには話題になったエアディフレクターというパーツをヘッドに装着できるんですが、このCOMPでは非搭載。

それによりフレーム形状も少しだけ変更されています。

 

コックピットは専用ステムでホースはフル内装。

ハンドルは内装対応品なら汎用の物が使えます。

ポジションの自由度も高まるのでも好みの形状のものが使えるのは嬉しいところ。

 

フォークコラムはRC/PROとCOMPで異なっていて、RC / PROは1インチコラムですがCOMPはオーバーサイズとなっています。

なので頑張れば汎用ステムも使えそうですが、ここまで計算された造形を崩すのも勿体ないので素直に専用ステムを使うのが良さそうです。

ジオメトリも専用ステムが前提ですしね。

 

公称重量はフレーム 995g・フォーク 390g。

重厚なルックスの割には軽量ですね。

実はフレーム・フォークの合計重量はOLTRE PROより軽かったりします。

 

ホイールは最近のBIANCHIでよく見るVELOMANNのV50R。

50ミリハイト、内幅21mm・外幅約29mmと現代的なスペックで重量 1,640gとかなり優秀です。

個人的にこのホイールかなり良いんじゃないかと思っています。

 

タイヤはピレリで28c。今どきですね。

エンデュランス系なバイク以外でも28Cが増えてきました。

 

最新エアロロードにDi2・カーボンホイールと戦闘力のかなり高い1台です。

サイズは53、適正身長は170cm前後。

その他グレードやサイズ、カラーもご用意可能な場合がございます。

ぜひ店頭にてスタッフまでお尋ねください!

OLTRE PROのフレームセットも在庫ございます。

こちらも近々ご紹介いたします。

スタッフの試乗インプレッションは下記の記事をご覧ください!

 

BIANCHI “NEW OLTRE” 試乗させていただきました