ROAD


STAFF BIKE CHECK 1・2  【S-WORKS TARMAC DISC】

2019.Jun. 15

BIKE S-WORKS TARMAC DISC

COMPONENT SHIMANO DURA-ACE Di2 Hydro

WHEEL ROVAL CLX50 DISC

TIRE & TUBE CONTINENTAL GP5000 25c / SOYO LATEX

HANDLE S-WORKS AEROFLY2 400

STEM S-WORKS SL 120

SADDLE S-WORKS ROMIN EVO 143

CRANK S-WORKS POWER 52-36

PEDAL LOOK KEO BLADE CARBON

CAGE ARUNDEL

WEIGHT 6.875kg

 

VENGEのどこまでも伸びていくようなスピード感よりも、パンと踏んだ時の爆発力でTARMACを選んだ私。ディスクブレーキの制動力ももちろんいいのですが、それよりリムブレーキ仕様よりもスルーアクスルにより足回りの剛性が上がるからか反応の良さが強烈に高まっているところに惚れてしまいました。リムブレーキには戻れません。

ほぼS-WORKS完成車スペックですがところどころ変更しています。

明らかに巡航速度が変わるエアロハンドル。AEROFLY2は前作よりも剛性が高いので今までアルミのハンドルを使っていた私でも不満はまったくありません。最大1000W程度しか出ないのでスプリンターの方だとまた違うかもしれませんが。

タイヤはGP5000クリンチャー25cにラテックスチューブ。ラテックスチューブがちょっと空気抜けが早い以外は、スピード・快適性・コーナリングと死角なし。チューブレスにするまではこのセットアップで行きます。

サドルはROMIN EVO。評判のいいPOWERも好きなのですが、前傾が深い状態ではROMINの方がしっくりくるので。軽いですし。ちなみにMTBではPOWERを使ってます。

ローターはDURAで前後140mm。パッドは前後ともメタルパッドL04Cに変えてます。

カセットは11-30。「10g軽かったら、、、」とは思いませんが、「もう1枚あったら、、、」とは思うので。

ボトルケージは美しさと固定力でARUNDEL。

サイコンはGARMIN EDGE520Jでレース・トレーニングで使うなら十分なのですが、ナイスな新製品が多くなってきたのでぐらぐらしています。

マウント・チェーンキャッチャーはK-EDGE。

バーテープはグリップ感とちょっと厚めが好きなのでSUPACAZです。

珍しいのはオフセットゼロのシートポストでしょうか。SPECIALIZEDはフィッティングに力を入れているのでほとんどのバイクでシートポストのオフセットが選べます。別売りですけどそんなに高いわけではありません。ちなみに前乗りしたい訳ではなく脛が長く、腿が短いのでRETULで合わせるとこうなります。

スプリンタースイッチが取付できない油圧のDi2ですがサテライトスイッチをうにゅうにゅっとして良い感じの位置につけています。ちなみにボタンの配置は初期設定のままですが長押しで連射しないようにしています。

ROVAL CLX50は最高です。地形・速度域関係なくどこでもなんでも速い。横風も関係ないですし。

本当はフジヒルでゴールド獲ってこのブログを書くつもりだったのですが何年たっても取れないので。。ヒルクライムはもちろんロードレース・クリテリウムなどなど、全部で速いオールラウンダーTARMAC DISCでした。


第16回 Mt,富士ヒルクライム

2019.Jun. 10

毎年恒例で遊びに行っているヒルクライマーの祭典、富士ヒルクライム。通称フジヒルをお客様と一緒に走ってきました。

タイムでヒルクライムの力がわかりやすい指針となる、また完走者にはタイムごとに色分けされたフィニッシャーリングなる努力の証がゲットできる。今年からプラチナリングなる英雄の証明が追加になったことも話題でした。「富士ヒルで何分!」という目標を設定しやすいのも人気の秘訣でしょうか。今年も1万人近くが参加という、こんなに自転車乗りがいるのかと毎年感じさせてくれるイベントです。

前日は快晴!日差しが強くて強くてこんなにいい天気になるかというくらい。宿に荷物を預け自転車で会場へ。受付を済まし、エキスポ会場にて皆様本番のドーピング用品をチェックした後はGARMINの新作、DOGMA F12の存在感にやられ、Campagnoloブースで前後G3ディスクブレーキ用ホイールに感動した後は早めに引き上げて定番の「小作」へ。

ほうとうローディングでばっちり仕上がった後は早めに就寝。

この時までは、あまりの天気の良さに翌日本当に雨が降るのか信じられないと皆口々に話していましたが、、、

霧雨でも小雨でもない、しっかりめの雨。気温も上る前からすでに低く、ここ最近では最低なコンディション。5合目は晴れているなんて情報もありましたが皆さますでにびっちょり濡れていましたね。

レースまでの時間を待つ間、私はちょっとの間受付テントに間借りして雨宿りしていたのですが、DNSを決め計測ストラップを返却しにくる選手がたくさんいらっしゃいました。

そんな中、風魔横浜のお客様は皆笑顔で走ってきてくれました!誰一人DNSしなかったことはいいことだったのかわかりませんが(笑)、一年間大事に準備してきた答え合わせを雨なんかに邪魔されたくないという気持ちが強かったのでしょう。

目標のタイムが出せた人、届かなかった人、そもそも初参加だった人、皆それぞれのフジヒルを全力で楽しんでくれたようです。

 

2018・2019と雨が続いてしまった富士ヒルクライム。2020は晴れますように!

来年に向けて練習していきましょう!

参加された皆さまお疲れ様でした!

 


◆今後のイベント予定◆

 

6月15日(土曜) ROAD【ALL】モーニングライド 8時半~12時くらい

6月16日(日曜) ROAD【RACE】川崎マリンエンデューロ

6月23日(日曜) ROAD【初級】ビギナーカフェライド 8時半~12時くらい

6月30日(日曜) TRI【RACE】大磯ロングビーチトライアスロン

 

参加ご希望のイベントがございましたら当店までご連絡をお願い致します。

MGMグループ、プレミアムメンバーの方を優先でご案内しております。ご了承ください。

 

 

スタッフの詳細なレースレポートはこちらで

 

改めてご紹介させていただきますとMGM GROMA RACING TEAMというMGMグループ各店のお客様とスタッフからなるチームがございまして、実業団のロードレースを中心に参戦しております。

レースにご興味のある方、新規メンバー随時募集中です。こちらもお気軽にお問い合わせください。


2019 PINARELLO PRINCEをご紹介

2019.Jun. 9

2019年からモデルチェンジしたPRINCEシリーズをご紹介いたします。

PRINCEといえば2001年から続く歴史あるモデル。モデルチェンジを重ね、今回で5代目となりました。

レースシーンでフルアルミフレームが主流だった時代、シートステーにカーボンを取り入れ「カーボンバック」フレームを押し出したのもPRINCE。その後フルカーボンフレームが全盛になり、PRINCEもフルカーボンに。名選手たちに数々の勝利をもたらしました。

2019年モデルは「PRINCE FX」「PRINCE」「PRINCE DISC」という3つのグレードを展開しています。一貫して上質で大人な乗り心地となっていますが、雰囲気は変わってきますのでそれぞれ紹介していきます。

ちなみに今回ご紹介する店頭在庫3台のサイズ・カラーの組み合わせはメーカー在庫が完売となっております。お探しの方はお早めにご検討ください。

 

◆ PRINCE FX ULTEGRA サイズ:500

¥528,000-(税別)

上位グレードのPRINCE FX。乗った際の心地よさ、ペダリング時の感触、正確で素直なハンドリングがジェントルに伝わってくる感覚はPRINCE FXでしか味わえません。

東レT900のカーボンが使用されており、至高の乗り心地と漕ぎの軽さを提供しています。

 

 

◆ PRINCE DISC ULTEGRA サイズ:515

¥478,000-(税別)

こちらはPRINCEのディスクブレーキモデル。ディスクブレーキはホビーライダー・シリアスレーサーのどちらの方にとっても味方となります。

もちろん前後スルーアクスルとなっており、ディスクブレーキの制動力に負けない剛性を持っています。

乗った感覚もリムブレーキモデルに比べ若干がっしりする雰囲気となります。

リムブレーキ仕様ではできないスムーズな形状も魅力的です。

 

◆ PRINCE 105 サイズ:530

¥385,000-(税別)

リムブレーキモデルのPRINCE 105。トラディショナルなブレーキの方がしっくりくるという方にはこちらがおすすめです。

ハンドリング・ブレーキング性能を高めるピナレロ独自のONDAフォーク。

リムブレーキモデルもPRINCEらしさが引き立つ非常に良い選択かと思います。

 

PRINCE FXにおいてフレーム重量は約960g(53サイズ)。平地・登り・下りすべてを不安なく楽しめるオールラウンドレーシングバイクとなっています。

 

3台ともに店頭にて展示しておりますのでぜひご覧下さい。

 

ただいま風魔横浜では、DOGMA F12のご予約を承っております。早期予約された方にのみ特典をご用意しておりますのでぜひご確認下さい。詳しくはこちら


薄手で軽量なSPECIALIZED夏物グローブ入荷!

2019.Jun. 3

本格的な夏が目前となってきました。夏の準備は整っていますでしょうか。走るにはちょうど良いこの時期にSPECIALIZEDの夏物グローブが入荷しました。想像を超える薄さとフィット感を持った新作グローブを紹介いたします。

 

◆ SL PRO GLOVE SF

¥3,000-(税別)

SLということで手の平・甲共に非常に薄い生地となっており、通気性と軽さ、操作性は抜群です。

デザインはシンプルですがとてもスペシャライズドらしいデザインがいいですね。比較的タイトめなフィッティングですので、ぜひ店頭にてご試着ください。

パッド入りのBG GRAIL グローブと違い全くパッドは無いので、ハンドルを握った際のダイレクト感やフィット感はまた違う感覚です。手の平側はスエード地となっており肌触りが優しく快適です。ちょうど空気の層が発生する中央部分に通気孔があり、通気性を高めています。

シルエットも非常に綺麗。空気抵抗の低減も十分見込めそうです。手首周りのカフは生地の切り返しを縫わずに接着していますので、ここでもフィット感の向上に寄与しています。

素手でハンドルを握りたいという傍ら、けっこう手汗をかく私としては最近のロード用グローブの中では個人的に最高です。ウェアの中では消耗の早いグローブが税抜き3,000円というコストパフォーマンスも魅力的。軽さとエアロの両方を必要とされる来週の富士ヒルクライムにもってこいのグローブ、ぜひ試してみてください。

 

◆ RENEGADE

¥3,000-(税別)

こちらはMTB向けのフルフィンガーのモデル。RENEGADEというネーミングが素敵です。

こちらも薄手で通気性・操作感は良好です。MTB向けですがロードバイクでも気兼ねなくご使用いただけます。指切りのグローブだと指先の日焼けが気になる方にもおすすめです。

手のひら側はとても手になじみやすい素材で、多数の通気孔により涼しく快適。

グローブの中で手が遊ぶ感覚は全く無いので、操作にシビアなマウンテンバイクライドでは最適です。こちらも手首周りがぴたっとフィットするのでずれにくくなっています。

人差し指の先端のみ手のひら側の生地で囲ってあり、摩擦に強くなっています。毛羽立ちやすい部分なのでありがたい仕様です。

指の側面は粗めのPOWERニットメッシュとなりさらに通気性を高めています。

落ち着いたデザインで価格も税抜き3,000円とこれまたリーズナブル。着けてみるとフィット感と柔らかさ、軽さに驚くはずですのでお試し下さい。


ALLEZ アーティストシリーズ

2019.May. 31

 

ALLEZ SPRINTの新たな限定コレクションが発表されました。

毎回体が引きちぎれんばかりに物欲を刺激してくるALLEZスプリントの限定コレクションですが、今回もいい感じです。

カラー名は「ポリッシュドクロームブラック/ブラック/クリムゾンメタリック」というもの。

リムブレーキ、ディスクブレーキの両方の仕様が販売されます。

販売価格はどちらも¥140,000 (税抜)。


今回もスペシャライズドプレミアムリテーラー限定販売となります。

予約の受付は6月7日13時まで。

需要の多いと思われるサイズでも一桁台数ほどしか国内に入ってこないようですので、魅了されてしまった人は今すぐご連絡下さい。

ミドルクラスのフレーム単体販売が少なくなる中、これだけの高性能”アルミ”フレーム、しかもリムブレーキの物を手に入れられる機会というのは今後更に減っていくと思われます。

金額からすると信じられないくらい刺激的な走りを得られるチャンス、お見逃しなく!


アルプスあづみのセンチュリーライドに参加してきました

2019.May. 27

5/25,26は毎年参加させていただいているAACRことアルプスあづみのセンチュリーライドに行ってきました!

 

25日は前日受付。受付を終えた後は観光ライドに出発

美味しいパンを食べ、松本城に行き、軽く暑さにやられつつも松本全体を見渡せる展望台があるところまでゆるーーーく登りました!

真夏日かってくらいの暑さにびっくりしました…(笑)

ここでキツツキが木をつつく音を初めて聞きました!電子音のような、なかなかこっちでは聞く事が出来ないのでちょっと得した気分。姿が見えなかったのが残念でした…

晩ご飯は松本市の郷土料理「山賊焼き」を頂きAACR本番に備えました。

昨年もハーフサイズをたのんだのですがボリューミーなので食べきれず他の方に食べてもらったので今年はAACR本番のためにも完食を目指して頑張りました!

本当に美味しいので皆様もぜひ食べてみてください!

 

26日センチュリーライド当日は朝5時スタート

昨年は朝少し雨が降りましたが今年は朝から快晴。朝焼けがとても綺麗でテンションは早い段階で上がりました!

ただ今年は昨年とは違い冬のような寒さはなく半袖でも寒いが耐えられない程ではなく、スタートには丁度よい気温でした。

アルプスの山々を見ながら信号が少なく程よいアップダウンの道を走ります

 

AACRの時だけ開放していただける公園を走ったり、20km~30km間隔でエイドステーションがあり、ご当地グルメを堪能できます。

これが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした笑

 

広がる景色は目の前に出てくると迫力がありつつも同時に開放感も感じます。

川も水の色が透明感があり流れる音が最高の癒しです。

最後のゴールはみんなで一斉ゴール

完走証とプレゼントがあり、当店から参加したお客様でも一人いらっしゃいました。

これで汚れを拭き取ってバイクもさっぱりリフレッシュさせましょう!

 

時間内に完走したので完走証とエナジードリンクをもらい全員で記念撮影!

皆様本当にお疲れ様でした!

また来年も走りに行きたいですね!


CONTINENTAL Grand Prix 5000 TL 再入荷しました

2019.May. 25

しばらく欠品の続いていたCONTINENTAL GP5000TLが再入荷しました。

各所で話題になっている今期最も注目のタイヤの一つ、圧倒的な快適性と高い耐パンク性能を持ちながら非常に小さな転がり抵抗値をたたき出す恐ろしいタイヤです。

昨今MAVICのUSTを始め、チューブレスホイールがかなり増えており、完成車に装備されていることも少なくなくなってきました。

シーラントが必要だったりクリンチャーよりは注意する点が多いですが、クリンチャーとはもはや別物とも言える性能から選択される方がかなり増えています。

プロはまだまだチューブラーを使っている選手が多いですが、ホビーレーサーレベルですとかなり浸透しているように感じます。

GP5000TLは重量が公称300グラムとレーシングタイヤとしては重量級。

それでも選ぶ方が後を絶たないのはチューブレスタイヤとしての信頼性の高さが一番に上げられると思います。実際に何度かお客様のバイクに装着させていただいておりますが、ビード部の厚みが信頼感あります。

ちなみに、重量が気になる所かと思いますがシーラントは使用するのをオススメします。

GP5000はTLの25cに加えクリンチャーの23c、25cも通常在庫しております。

GP5000TL 25c ¥9,800-(税抜)

GP5000 23c,25c ¥8,200-(税抜)

私もクリンチャーですがGP5000使っています。今のところ他のタイヤに変えようという気が起きない位にはお気に入りです。走りの軽さや快適性も好きな理由ですがコーナーグリップの信頼感が抜群な所が一番好きです。クリンチャーを使い切ったところでTLに移行したいと考えております。


2020 Roubaix Expert ご納車いたしました

2019.May. 18

Specializedの2020年モデル、新型Roubaixをご納車させていただきましたのでご紹介いたします。

今回のモデルは「Roubaix Expert」。Fact 10rカーボンのフレームにシマノ アルテグラDi2、ホイールはrovalのC38と抜かりの無いアッセンブルとなっています。

ハイエンドグレードのS-WORKSはFact 11rです。それに対しExpertは10rですが10rを侮るなかれ、これが非常によく走る!正直なところスペック上の重量以外では違いに気づかないほどです。

ちなみに当店では新型2020 Roubaixの試乗車もご用意しております。こちらもご覧ください。

今回注目の「Future Shock 2.0」。S-WORKSとExpertのグレードにのみ新たにダンパーの調整機構が追加されています。プロライダーからの要望によりダイアルをひねるだけでサスペンションの硬さを調整することが可能となりました。

石畳だけでなく、オンロードでも場所によっては粗く、段差のような箇所もありますので当然振動がライダーに伝わりますが、Future Shockが不快な振動・衝撃を吸収してくれます。普段マンホールを避けて走ったり少し腰を浮かせたりしていたのがRoubaixですと無視してまっすぐ通過できます。

走りの要、ホイールはroval C38を装備。軽量でオールラウンドに使えるリムハイトはRoubaixとの相性も抜群のカーボンホイール。Roubaixの持ち味である反応の良さをより際立たせる印象です。

実際このホイール、良く登ります。

電動コンポーネント Di2のジャンクションはダウンチューブ上部に配置。

フレームカラーはGloss Dusty Turquoise-Cast Blue/Charcoal/Hyperというカラーリング。渋いターコイズにくっきりしたイエローがいい組み合わせです。グラフィックも一新され今までのSpecializedの中でも特に洒落た印象、走るバイク感が伝わってきます。

ハンドルを切るとイエローがチラリ。乗車時ライダーから見える位置のオシャレは嬉しいポイントです。

RoubaixにもサドルはPowerがアッセンブルされています。VENGEなどのエアロロードに装着されるイメージがあるかもしれませんが、どのような走り方でもPowerの恩恵を受けることができます。

サスペンション搭載のエアロカーボンフレームに油圧ディスクブレーキ、電動シフト、カーボンホイールと最先端の技術が集まったRoubaix Expert。ご用命は風魔横浜で。皆様のご来店お待ちしております。


【TYREKEY 】サドルバッグに安心を忍ばせておきましょう

2019.May. 14

出先でのパンク修理やタイヤ交換など、タイヤの装着に自信のない方も多いのではないでしょうか?

自宅でほっこりゆっくりできるならまだしも、例えば峠の向こう側の電波の届かないところでパンクしてしまったと想像してください。やり方をYOUTUBEで見られるわけでもなく、頼みのロードサービスも呼べず、、、なんて日があなたにもやってくるかもしれません。

そこで今日はこちらをご紹介。「TYREKEY」

今までタイヤがうまくはめられない時、タイヤレバーを使ってなんとかかんとかはめてきた我々サイクリストですが、タイヤレバーを使ってタイヤをはめようとすると、チューブをキズつけてしまい新品のチューブがだめになってしまったり、最悪なのはカーボンホイールをキズつけてしまったりすることがありました。

しかし、そんな思い出は平成に置いてきましょう。新しい令和の時代には「TYREKEY」があります!

フックの部分をタイヤに引っかけて、てこの原理でビードを持ち上げるという方法です。

通常のタイヤレバーを使う場合と異なり、レバーがチューブに接する事がありません。レバーでチューブに穴をあけてしまう事がなくなります。また、てこの支点もビードフックではなくなるのでホイールへのダメージも抑えられるでしょう。手をなるべく汚さないなんていう願いも叶えられます。

サイズもそう大きくないので携行品の新たな仲間として迎えてあげるのもいいでしょう。タイヤを外すときは持ち手の部分が従来のタイヤレバーのように使えます。

対応するタイヤ幅は18~35mm、対応リム幅は18~28mm。タイヤの硬さにもよりますのでお出かけ前に一度試しておくのがいいですが、素手で入れる練習もしておきましょう。

TYREKEY  ¥1,700-(税抜)

 

ちなみに当店プレミアムメンバーの方向けにパンク修理講習会を定期的におこなっております。こちらも受けていない方は一度練習しておくといざという時に慌てません。スタッフまでお気軽にお問合せください。


「つーる・ど・えど」少量ですが入荷しましたのでお早めにどうぞ

2019.May. 11

粋でいなせな「つーる・ど・えど」

SPECIALIZEDの「DESIGNER’S COLLECTION」から、人気イラストレーターNAGAさんが書き下ろしたスペシャライズドオリジナルデザインのボトルとTシャツが入荷しました。

正直かなりの少数入荷。サイズがお選びいただけるうちにお早めにどうぞ。

●SPECIALIZED PODIUM TEE TOUR DE EDO ブラック  サイズ:XS・S・M・L・XL 価格:¥3,600-(税抜)

XS S M L XL
着丈 620 650 680 710 750
身幅 460 480 500 530 580
肩幅 380 400 420 440 460

 

同柄の粋でいなせなボトルももちろん、評価の高いSPECIALIZED 製。

非常に柔らかく飲みやすい、これからの季節に嬉しい保冷ボトルです。

●PURIST INSULATED CHROMATEK MFL BTL TOUR DE EDO 23 OZ 価格:¥2,300-(税抜)

 

この夏の勝負服として、これを着てツール観戦なんてのもいいですね。

ブログを書いている間にも減っていっています。何度も言いますがお求めはお早めに。

皆様のご来店お待ちしております。