新着一覧


スタンダードにして完璧なアルミロード、ALLEZ 2019入荷しました。

2018.Dec. 17

アルミエントリーグレードのロードバイクは重くてあまり進まないものとお思いでしょうか?specializedのALLEZはその先入観を覆します。レースシーンでアルミフレームが全盛だった頃の最上位グレードに使用されていたE5アルミニウムを使用し、軽くてしなやかなフレームがALLEZの特徴です。

またスペシャライズドが提案するフィッティングサービス・RETULでの数千人のポジションデータを参考にジオメトリーを決定し、どんなライダーでも”しっくり”来るライディングが可能になります。

軽さ、乗り心地、ポジションの良さは距離を重ねるごとにメリットとして実感するはずです。

筆者もALLEZシリーズは何台か乗り継ぎましたが、このALLEZは正直言ってすごい進みます。乗り心地も向上しているので走れる範囲が確実に広がりました。今まではトップモデルにのみ使われていたE5アルミニウムの採用がその性能の向上に繋がっているのが乗っていて感じ取れます。

 

◆ 2019 ALLEZ ELITE

¥160,000-(税別)

ALLEZ ELITEはシマノ 105がアッセンブルされており、フレームの性能を活かし高いパフォーマンスを発揮します。フレームのシルエットはカーボンのトップモデル、最新のTARMACと非常に似通っています。

若干ラメの入ったブラックに、ロゴはカメレオンという見る角度によって色味が変わるカラーとなりマジョーラカラーに近いカラーリングです。エントリーグレードという雰囲気は全く感じさせません。

よく走るフレームながらダボ穴も装備しており、フェンダーやキャリア等装着が可能となります。またタイヤは28cまで装着が可能です。こういった拡張性の高さがさらに乗る方の幅を広げます。フェンダーを付けて良いアルミバイクで気持ちよく通勤するのもいいですし、キャリアを付けて太めのタイヤで数泊のキャンプツーリングなどなど。夢が広がるバイクです。

 

◆ 2019 ALLEZ SPORT

¥109,000-(税別)

こちらはコンポーネントがシマノ SORAのモデル。E5アルミニウムフレームを最もリーズナブルにお求めいただけます。フレームはALLEZ ELITEと同一です。

マットネイビーにグロスレッドの組み合わせはレーシーすぎず渋すぎない絶妙なカラーリング。10万円前後のバイクにありがちな安っぽさは皆無です。

 

エンド側にもしっかりダボ穴が設けられております。

BBは信頼性の高いねじ切りのBBとなります。

普段は通勤・通学で使うけどたまに荷物を積んで遠出したい・・・という方、ダボ穴のついたバイクってフレーム性能はイマイチなのでは・・・とお考えの方にはこのALLEZが最良の選択と言えます。

ただいまウィンターキャンペーン開催中!この機会にぜひご検討ください。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

ウィンターキャンペーンで「ROVAL」WHEELを

2018.Dec. 16

12月24日まで開催中のウィンターキャンペーン。12月1日から約1か月のキャンペーンでしたが気付けばそろそろキャンペーンの終わりが近づいてまいりました。

期間内に店内商品をご購入頂くと通常1%のポイント還元率がなんと最大15%に!

先日のMAVIC UST WHEEL試乗会も開催させていただいたことからも、この機会にホイールのアップグレードをご検討いただいている方が非常に多いので、今日は店頭の「ROVAL」ホイールセットをご紹介いたします。

驚異的なコストパフォーマンスを誇る「C38 DISC」

前後セットで¥130,000-(税抜)のカーボンホイールになります。前後セットで1,560gと軽量なのは新しく開発された38mmという絶妙な高さのカーボンリムが利いているところ。ハブは信頼のDT 350に一般的なJベンドスポークが通されるスタンダードなスポーク回りも価格に貢献していることでしょう。

ディスクブレーキユーザー限定とはなりますが、この価格でROVALのワイドリムカーボンクリンチャーを味わえるのはC38だけ。初めてのカスタムにもオススメですが、あんまり良くって次のホイールを考えてもらえなくなってしまう心配すら感じます。

ROVAL CL 50 WHEELSET ¥190,000-(税抜)

どうしてもCLX50と比較してしまうCL50。プロもグランツールで使うROVAL CLX50から戦闘力を大きく落とさずに10万円以上のコストダウンを果たしています。変更点はベアリングやスポーク、もっとも走りに影響するリムの部分はCLXと同じです。50mmというリムハイトながら軽量で、ものすごいエアロ効果を持つホイールに仕上がっています。

ROVAL CL 50 DISC WHEELSET ¥190,000-(税抜)

もちろんディスクブレーキ仕様も店頭にございます。比べてみるとリムのブレーキ面のだけデカールが無いのではなく、ROVALロゴ自体がディスクブレーキの方が大きいのがわかります。

ちなみにCL50が前後セットで1465g、CL50 DISCが1515gとすこぶる軽量です。

 

ハブが明らかに一線を画すこちら、CLX50です。

ROVAL CLX50 FRONT ¥120,000-(税抜)REAR ¥175,000-(税抜)

意外ですが、当店人気ナンバーワンはこのCLX50。CL50も相当良いホイールなのですがやはり「最上位である」ことがサイクリストを惹きつけるのでしょうか。カセットが付けば見えなくなってしまう赤いフリーボディにも感性をくすぐられます。

前後で1375gという重量だけでなく、至高の回転を誇るセラミックススピードのベアリングや各所から聞こえてくる高い評価がCLX50の実力を裏付けています。

残念ながらCLX50 DISCはただいま店頭・メーカーともに在庫切れ。確実に手に入れたい方は入荷を待つよりもご予約が吉と思われます。

 

ウィンターキャンペーンは24日(月曜日)まで!となっております。

この機会をお見逃しなく!皆様のご来店をお待ちしております。

Muc-Offから便利なチューブレスシーラントキットが入荷しました。

2018.Dec. 15

もはやチューブレスシステムはあたり前のご時世となりそれに伴う様々なグッズが増えておりますが、正直なところ何を選べばいいのか悩んでしまいます。

今回ご紹介するのは英ケミカルブランド、マックオフのシーラントキット。Muc-Offといえばデザイン性の高いパッケージやカラフルなケミカルのイメージが先行しがちですが、用途に合ったアイテムを多数用意しています。

特にチェーンルブはウェット・ドライのみならず駆動抵抗の低減を重視したものや、ブルベ等を想定して耐久性を重視した固形のものまで様々です。

同じイギリスのプロツアーチーム、TEAM SKYをサポートしており実際にレースの現場でも使用されているほど高いパフォーマンスを発揮します。

 

◆ Muc-Off NO PUNCTURE HASSLE チューブレスシーラント

¥2300-(税別)

シーラントだけでなく計量用のスプーンやバルブコアツール、シーラントに反応するライトが付属しています。

こちらが使用方法の動画です。

動画を見て頂けるとわかりますが、バルブコアを外して容器をそのままバルブに差し込み漏れることなくクリーンに作業ができます。

もちろんタイヤを外してスプーンで入れて頂いても大丈夫です。

こちらは変わった形のバルブコアツールとOリングです。ツールは仏式・米式に対応しています。Oリングが2つ付いておりますが、

このようにバルブにツールを装着できます。無くしがちなバルブコアツールですので、出先でも安心です。

また、ライトが付属しておりシーラントにこのライトを当てると反応し、発光して見えます。タイヤに穴が空いたが小さくて場所が確認しづらい場合に役に立ちます。

いままで大体はシーラント単体での販売でしたが、キットでのパッケージはなかなか無かったのではないでしょうか。今回のキットとあとはチューブレス対応のタンク付きのポンプがあれば、問題なくチューブレスレディの維持ができます。

店頭にございますので気になる方はご来店ください。

KONA KAHUNAが驚きの特価で販売中!

2018.Dec. 11

カナダを代表するMTBブランド、KONAのリーズナブルなクロスカントリーバイクが特別価格となっていますのでご紹介いたします。

グラビティバイクのイメージが強いKONAですが、クロスカントリー系エントリーモデルのラインナップの豊富さもKONAの魅力のひとつ。モデルが豊富なだけありクオリティも当然高く、いろいろなシチュエーションで遊べる頼もしいバイクが多いんです。

 

◆ KAHUNA サイズ:S

¥149,000-(税別) → 89,400-(税別) 40%OFF!

29インチクロスカントリーバイクのKAHUNAは、軽いトレイルライドであれば難なくこなします。29インチの走破性とスタンドオーバーハイト(地面からトップチューブまでの高さ)の低さが走りに安定感をもたらします。

 

アルミフレームですが、ヘッドチューブ周りの溶接がとてもなめらかでカーボンフレームと見間違えてしまう程。溶接跡のなめらかさは見た目の良さと耐久性の高さにも影響してまいります。

ブレーキは昨年モデルチェンジを果たしたシマノ M6000 DEOREがアッセンブルされています。トレイルライドにはちょうど良い制動力と、高いコントロール性を持っています。

サスペンションはRECON RL 100ミリトラベルで軽量に仕上がっています。

ドライブトレインはこの価格帯でSRAM NX 1×11のコンポーネント。

ハブは信頼性のあるシマノ DEOREで組まれています。

価格から考えるとパーツアッセンブルが非常に良いことがわかります。

ただいまキャンペーンを開催しておりますのでこの機会にぜひどうぞ。

 

残り1台のみですのでお早めに!

緊急告知‼ S-WORKS SHIV 本日より展示しております

2018.Dec. 10

登場以来、7年ぶりとなるモデルチェンジを果たした究極のトライアスロンバイク、S-WORKS SHIV。

なんと風魔横浜にやってきました!

極限の空力を手に入れた戦闘機。たたずむ姿のオーラがものすごいです。正直いつまでおいておけるかわかりませんので一度ご覧になりたい方はお早めにお願いいたします。

実際に特性の遠征用ケースに収まった状態でお店に届いたのですが、乗れる状態にするまでが驚くほど簡単。遠征の多いトライアスリートのリアルなレースシーンに配慮した設計になっています。この専用ケースもとても使い勝手が良さそうです。

今回は残念ながらご試乗はできません。展示のみとなりますのでご了承ください。

写真だけだとわかりづらい造形や細部、じっくりご覧いただき十二分に惚れていただきたいと思っております。

皆様のご来店お待ちしております。

MAVIC UST WHEEL 試乗会 12月9日までっ!

2018.Dec. 8

おかげさまで大好評だった本日のMAVIC UST WHEEL 試乗会。

今年のロードバイクのトレンドワードだった「チューブレス」

そのチューブレスの新しい時代を作ったと言っても過言ではないのがこのMAVIC。

まだまだ偏見?の多いチューブレスですが、圧倒的な快適性とグリップ・転がりの良さは乗ると一気にもやが晴れる様な体験になるはずです。

今朝はお客様と一緒にホイールの試乗&モーニングライド。ホイール試乗の衝撃を上回る焼き立てパンの味に少々目的を忘れがちでしたが(汗)私も途中お客様とホイールを交換しUSTを試させて頂きました。

やはり低圧で走行できるのは非常に大きなメリットで10メートルも乗ればその快適性のとりこに。あとは目的とするフィールドやレース、デザインや予算を天秤にかけていただいて、どのホイールがベストか考えていただくのが良いかと思います。今日は試乗ホイールがあるものを少しご紹介いたします。

左からKSYRIUM ELITE UST ¥95,000-(税抜)、右がKSYRIUM PRO UST ¥140,000-(税抜)。

アルミホイールを考えた時に真っ先に名の上がるのがこのKSYRIUMではないでしょうか?軽量で高剛性、オールラウンド使えて故障が少ない信頼のMAVIC印。スペックを見ると重量と価格の面からPROが上位グレードと考えられがちですが一概にそうは言えない二つのホイール。ですが全く異なる特徴を持っています。

どちらも外周部にあたるリムは同じもの。スポーク・ハブが異なることで重量やホイールの性格が異なります。

PROはKSYRIUMと言えばアルミ製のジクラルスポーク。太くてかたい素材のきしめん状のエアロスポークです。これにより軽量で剛性の高いホイールになります。剛性が高いので踏み込んだトルクがそのままホイール⇒路面へと伝わり、いわゆるかかりのいいホイールになります。フロントハブのフランジ幅もELITEよりも広くさらに高い剛性を得られます。ハブに用いられているインスタントドライブ360もクイックな反応でパワーを確実に伝えます。

要するにレース志向のライダーやヒルクライマーにオススメなホイールです。

ELITEはステンレス素材の扁平スポーク。PROに使われているアルミスポークよりも乗り味がしなやかになります。チューブレスの快適性との相乗効果で体に優しく、ロングライドや女性にもオススメです。走行時に最も重要な外周部重量はPROと同じというのがポイントです。

カーボンのUSTホイールはこれぞMAVICというべきCOSMIC PRO CARBON SL UST ¥320,000-(税抜)、そして今回もっとも注目すべきKSYRIUM PRO CARBON SL UST ¥320,000-(税抜)です。

新型のカーボンUSTのキシリウム、正直に言いますと発売前スペックだけ見た時に重量・前後ペアで1445gと見てがっかりしました。。COSMICと大して変わらなく、リムハイトが下がる。だったらCOSMICでしょ、と思っていたのですがそれは間違いでした。ホイールは重量ではありません。

KSYRIUMの上位グレードに求められるものと言えば軽さですが、軽さとは何か?を考えてみると振った軽さと踏み出しの軽さ、加速性能の高さと言い換えられるのではないでしょうか?KSYRIUM PRO CARBONはリム重量をあえて軽くしすぎないことでリムの剛性を高め、スポーク本数を24本と一般的なカーボンホイールよりもあえて増やすことでホイール全体の剛性を高め「乗って軽い」を実現しています。まさに究極のカーボンUSTホイールです。

チューブレス化によりタイヤを含めたホイールセットとしての重量は過去作よりもむしろ軽量。そして高剛性化とチューブレスによる快適性とグリップの向上、転がり抵抗の低減まで。

もちろんこちらもご試乗いただけます。色々言うより乗ってもらうのが一番なのでこれ以上は語りません。ぜひお時間を作っていただき風魔横浜へお越しください。

また、ただいまウィンターキャンペーン開催中です!本日ご紹介したホイール全て店頭で販売もしております。お得にお求めいただけるチャンスをお見逃しなく。もちろんご試乗いただき気に入っていただいたらすぐにお持ち帰りいただけます。

だいぶ寒くなってきた昨今ですが、冬は乗り込むのに最高の季節です。横浜で皆様のご来店をお待ちしております。

12月のイベントのご案内

2018.Dec. 4

早いもので今年も遂に12月。師匠も走る12月となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

どうにも寒くなってきて早起きがつらい季節になってきましたが、風魔横浜のイベントで走って2018年を締めくくりましょう。

 

12月8・9日(土日) モーニングライド on The MAVIC WHEEEEEEL!!!!

先日お伝えさせて頂いたのですでにスケジュールは空けておいていただいていると思いますが、この土日はMAVIC ホイールの試乗会を風魔横浜で開催いたします。そこで先着順にはなってしまいますが、試乗ホイールを履いてモーニングライドに行きましょう。営業中のご試乗はあまり長い時間はお試しいただけないので、しっかり走ってみたいという方はご連絡ください。

もちろんホイールの試乗されないという方、もうMAVIC使ってるよ、という方もご参加いただけます。上り下り平坦と楽しめるコースにお連れしようと思いますが、基本的には癒し系ライドの予定です。一緒に週末の朝、さらっと体を動かしてリフレッシュしましょう。

集合は風魔横浜に8:00。走ってお茶して11時までにはお店に戻れる2~30kmくらいのライドの予定です。

参加を希望していただける方は、特にホイールの試乗を希望されるお客様は先着順になりますのでお早めにご連絡ください。その際日にちと試乗してみたいホイールもお伝えください。

 

12月16日(日) ステップアップライド

横浜周辺のグッドな道をつないで走る知る人ぞ知るライドコース、そのルートを一緒に走ってみませんか?というステップアップライド。

それぞれ課題をもって、時にはレクチャーを交えながら走ってみませんか?というもの。トレーニング目的の速い方のためだけではなく、上手にかっこよく乗りたい全ての方にご参加いただけるモーニングライドイベントです。私が横浜市内で一番オススメしたいパン屋さんにも行く予定です!

集合は風魔横浜に朝8:00、こちらも11時開店時には戻ってきたいと思っております。

 

12月24日(月) ステップアップスクール

自転車の基本から学びなおしましょうというステップアップスクール。

クリスマスイブに風魔横浜から送る今回も人気のダンシング練です。どうにもダンシングが長続きしない、むしろきつくなっちゃうからあまりやらない、そもそも出来ているかわからないなどなど。お悩みは尽きないと思います。リズムの取り方、重心位置などお伝えしたいと思っています。

集合は風魔横浜に8時。お昼前には解散予定です。スキルアップしてライドの幅を広げましょう!

 

12月30日(日) 走り納めライド

今年も開催いたします!2018年を締めくくる平成最後の走り納めイベント☆

今年のROADはライダーレベルに合わせ2クラスを設定したライドを開催!

◆中級者ツーリングクラス(中・上級者)

◆STEP UPツーリングクラス(初心者)

 

STAFFお気に入りのレストランやフィールドを目指し2018年締めのライド。

クラス分けは、STAFFにて行いますがご希望おっしゃってくださいね。

各クラス共に定員を設定しており、参加お申し込みは先着お申し込み優先とさせて頂きます。

※お申し込みは12月25日(火)までとなります。

 

※当店で車体ご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。

※詳しい内容はスタッフまで♪

 

人気のイベント、すでに予約が入り始めております!

参加希望の方はお早めにご連絡下さい!

 

皆様のご参加をお待ちしております。

助けを呼んでくれるヘルメットデバイス、愛する人のために「ANGi」

2018.Dec. 3

週末のロングライドで絶対に何も起こさずに帰れるという自信はありますか?

もちろんアクシデント無く帰れるのが一番ですが、路面状況や交通状況は常に変化しているため”絶対に”とは言い切れないものです。自宅から離れた場所で何かあった時、大切な人に連絡を取れない状況になってしまったら・・・という際に今回ご紹介するこちらのアイテムが役に立ちます。

スペシャライズドから新たに、転倒での衝撃を感知するセンサー「ANGi(アンジー)」を搭載したヘルメットが入荷しました。

後頭部のダイヤルの脇に付いているANGiが何をしてくれるかと言うと・・・

1・ライド中、転倒等でヘルメットに加わった衝撃をANGiが感知

2・予めANGiとリンクさせたスマートフォンアプリにBluetooth®経由で通達

3・アプリがアラームを開始し、ライダーがスマートフォンを取り出し時間内にアラームを停止出来れば終了。

4・怪我を負って停止できなかった場合はアプリに登録した緊急連絡先に通知が送信される

という仕組みになります。スマートフォンのGPSにより位置情報まで緊急連絡先に送信されます。転倒してから完全に自動で連絡先に伝えられるのはspecializedのANGiだけです。

またアプリとSTRAVA®をリンクさせることもでき、ライド後に自動で投稿できるように設定することも可能です。

 

さらに、斜めからの衝撃を緩和する「Mips SL」搭載しています。このタイプのMipsはスペシャライズドのヘルメットのみに採用されています。ANGiとMipsという2つの機能が加わり、最も安心感のある自転車用ヘルメットであると言えます。

店頭ではS-WORKS Prevail ⅡとS-WORKS EVADE Ⅱが先行入荷。価格はそれぞれ、¥28,000-と¥26,000-(どちらも税別)になります。

詳しいANGiの説明はこちらをご覧ください。

 

 

最強のオールラウンダー、S-WORKS TARMAC DISCの世界選手権記念の限定モデルが一本のみ入荷!

2018.Dec. 1

最強のオールラウンダー、S-WORKS TARMAC SL6 DISCのとてつもなくクールな限定モデルが入荷しました。

世界限定250台、国内に入荷したのはなんと17本のみ。そのうちの一台、そしてサイズは49というゴールデンサイズが風魔横浜にやってきました。世界的にもこのフレームを手に入れることは限られておりますので悩んでいる時間はありません。

 

◆ S-WORKS TARMAC SL6 DISC FRAME SET “WC”

¥500,000-(税別)

今回のこのカラーは、2018年世界選手権女子ロードレースにて優勝したオランダ代表のアンナ・ファン・デル・ブレッヘン選手の勝利を記念したモデルとなります。World Cupといえばアルカンシェルのラインが定番ですが、ここまで弾けたデザインとして世に出せるのはスペシャライズドだけではないでしょうか。

S-WORKS TARMACは、圧倒的な反応性と軽量性、それでいてリアバックのしなやかさを持っておりどの速度域でもタイヤが地面をとらえ推進力に変換されていきます。また、前後スルーアクスルによる剛性の高さはブレーキのみならずダンシング時やコーナリング時にも多大なメリットを与えています。

実際に世界選でアンナ・ファン・デル・ブレッヘン選手はS-WORKS ターマックディスクで勝利しており、

「S-Works  Tarmac Discを選んだのは、ディスクブレーキに助けてもらえるから。このバイクは、今回のように起伏に富んだレースコースに最適です。」

と語っています。

ロゴはホワイトに見えますがリフレクティブ、トップチューブはホログラム+ラメが含まれておりレインボーカラー以外にもしっかり見所があります。左右非対称のデザインとなっているのもポイントです。最強バイクに世界王者のカラーリングを派手にかつスタイリッシュに纏ったS-WORKS TARMAC SL6 DISC FRAME SET “WC”は今までで最も人を魅了するバイクであることに疑いようがありません。

店頭にて展示しておりますので一度肉眼で確かめてください。

なんと12月24日までフレーム組み工賃無料のキャンペーン中ですので、決めるなら今ですよ!

「POWER」テストサドルを体感してサドル探しの旅を終わらせましょう。

2018.Nov. 30

サイクリストにとって、人によっては永遠の課題とも言えるサドル選び。長時間乗るとどうしても違和感・痛みを感じる方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

風魔横浜では、SPECIALIZEDの「POWER SADDLE」をテストサドルとして常備しております。一世を風靡したPOWER、少々丸みを帯びたPOWER ARC、トライアスロン用のSITEROもご用意しています。

近年他のメーカーからも似た形のサドルを出していることからもPOWERの影響力を感じます。「ショートノーズサドル」という新しいジャンルを確立したのは間違いなくこのPOWERです。まずは計測器具で座骨幅を測り、なんと幅に合ったサドルを実際にその場で乗っていただけます!こちらはSPECIALIZEDが提案するRETUL FITで用いるフィッティングツール、「MUVE」。サドル高やハンドルまでの距離を瞬時に調整でき、こちらにまたがっていただきペダリングしてテストサドルを体感して頂けます。サドルが合うかどうかは乗らないと絶対に判断できません。店頭での販売しているとPOWERとPOWER ARCはちょうど半々くらいの割合です。乗った際のフィーリングとライダーの好みでどちらか選んで頂くのが一番いいと思います。

ちなみにチームスカイの絶対王者、クリス・フルームは重要なアタックを仕掛ける日にメーカーロゴを消したPOWERを使用していました。

また、ロードだけでなくマウンテンバイカーにもおすすめしたいPOWER。

なんとDH界のレジェンド、SAM HILLも使用しているんです。

2018年、EWS(エンデューロワールドシリーズ)にて使用したバイクです。エンデューロレースではペダリングセクションが非常に長いため、サドル選びに手を抜けません。

サドル選びにお悩みでPOWERを試したい方はぜひご来店ください。