ROAD


全日本最速店長選手権

2018.Sep. 21

全日本最速店長選手権 2018年9月19日 千葉県は成田市、下総フレンドリーパークにて開催された。

サイクルスポーツ誌が企画する「1番速い店長は誰か?」決めようというもの。数年前からいつもファンとして見ていたレースは今年で8回目。数日前に発表されたスタートリストを見ると、いつもブログを拝読させていただいているあの人も、アレで優勝したあの人も、、、とワクワクよりもむしろびびって当日を迎える。

1周1.5kmを50周、75kmのコースは平坦ベースで軽いアップダウンもあるもののノーブレーキで走れてしまうスピードコース。平均で40km/hを超える2時間弱。数年前には完走が6名なんていう恐ろしいレースになったことも。

我々系列店からは私とGROVE鎌倉からで2人の参戦。2人とも店長1年生で初参加。また、系列店スタッフ&お客様が何人も応援に来てくれました。改めてありがとうございます。

受付、インタビュー、撮影を終えアップして14時よりレーススタート。1周のローリングの後リアルスタート。人数の多いレースは久々で走り方に馴染むまで数周かかってしまう。

ちょっと慣れてきた数周目。イン側のラインがガラガラだったので行ってみる。前の方まで来ると大御所・強豪店長がちょうどドンパチ終えてウヨウヨしてる。うん、このメンツの前に出るのは確かに怖いな、と妙に納得しつつもそのまま前へ。

逃げグループになりローテを回すが、意外と風が強くかなり足を使う。まだ10周も走ってない、ヤバい、とすぐ集団へ。一気に後ろまで下がって中盤から最後尾をフラフラとなるべく足を使わないようにこなす。

集団は前でのドンパチに合わせて伸びたり縮んだりを繰り返す。さすがと思ったのは、やはりみな店長。エキサイティングな走りなのだが基本的にジェントルな走り。横にいるのが分かっていればタイト目なコーナーでもちゃんと1台分ラインを空けてくれるし、無理くりなポジション取りも皆無。その代わりというわけではないのだが強度はずっと高く、たまにウソでしょと思うくらい速い時も。

危惧していた通り1時間を超えた辺りからきつくなってくる。たまに聞こえてくる実況で先頭は一人で逃げていることがわかる、心からリスペクト。

今回ボトルはダブル。大会のスポンサードをしていたWINZONEのジェルも数本ポケットに。お世辞抜きでWINZONE効きました、味もいいし今後オススメしていこうと思います。まさか2本目のボトルも飲むことになるとは。集団が緩んだところで適宜補給。

本格的にきつくなってきたところでラスト10周。徐々にまたペースが上がる。心折れそうになる瞬間も多々あったが応援の声が聞こえるたびに持ち直す。めっちゃくちゃきつくて正直覚えていないのだが残り5周くらいでなぜか前方へいける機会が。多分先頭で一瞬牽制があったのだと思う。一人逃げ、もう一人追い、その後ろで集団はちょっとザワザワしつつも追わない。先頭と集団に間が空いたところを一人二人とブリッジをしようと抜けていく。もうほぼほぼ足も使い切った僕はちょっぴり弱気で、集団に残ろうと思った瞬間、横でGROVEジャージがこっちを見て笑ってる。この日一番テンションの上がった瞬間だった。集団を後にし、二人で前を追う。

先頭2名はもうだいぶ前、その後ろに4名のパック、高木と小南舘はそれを追う4名のパック。時間はかかったがなんとか4人で前のパックまで追いつき8人の集団になり回しながら走る。もう脚は残っておらず攣りかける。ただ、この集団で走っているのが楽しくて。千切れるなんてもったいないと必死についていく。

ラスト2周くらいからローテに入らない選手も。そりゃそうだよね、と思いながらも牽く。ラスト周回でもガッツリ目の牽制が入る。まだゴールまで距離があったので、もう一回くらい誰か変わってくれるかなと思ったがペースを下げても誰も前に出ない。そりゃそうだよね、と思いながらも牽く。ゴール数百メートル手前で後ろからアタックがかかり集団スプリントへ。腰はあげられず後ろからスプリントを見送り一人ちょっとおいしい感じでゴール。10位でした。GROVE鎌倉店長は5位!すごい!

出来ることはやったのと最後楽しかったので悔いはなし。ですが、言い訳できないくらいベストコンディションでめちゃくちゃ練習して走りたいなと。すでにまた来年も参加したいななんて思っております。

最初から最後までアットホームというか、ずっといい空気の流れているいいイベントでした。来てくれた方もこれなかった方も応援してくれた方みなさまありがとうございました。完走できたのはみんなのおかげです。いい経験できました。

また皆様とも走って遊びたいなと思っております。まずは明日の日産ですね。楽しく走りましょう!


cinelliのサイクルキャップが豊富です

2018.Sep. 17

常に何かしらエッジの利いたサイクルキャップを探している風魔横浜ですが、ただいま「cinelli」のサイクルキャップを豊富に取り揃えております。

ファッションアイテムとして、ワンポイントにお使いいただけるだけでなく汗対策にも便利です。頭から垂れてくる汗を止めてくれます。

他にも短いながらもツバは日よけの役目も果たしますし、顔とサングラスの間を縫って入ってくる雨粒もよけてくれます。

店頭でご用意のあるものすべてではありませんがご紹介させていただきます。

SHARP TEETH CAP ¥2,800-(税抜)

攻めてます、エッジーです。限定モデルのようで今確認したところメーカーでは完売になっております。

ガオーに臆さず、サラッと被っていただきたいキャップです。

MONSTER TRACK 2018 CAP ¥2,800-(税抜)

NEW YORKで行われているザ・ハードコアトラックバイクレースであるMONSTER TRACK。2018年大会を記念したキャップです。存じ上げなくて申し訳ないのですが主催メンバーの顔でしょうか?フロントにプリントされています。後頭部にもおひとりいらっしゃいますね。MONSTER TRACKを知らない方にもオススメの黒ベースの使いやすいキャップです。

MIKE GIANT CAP ¥2,800-(税抜)

Cinelli × Mike Giantのコラボレーションでバーテープなどご覧になったことがあるのではないかと思いますがサイクルキャップが入荷しております。。黒×白のシンプルなキャップ。なのですが、

ツバを裏返すとそこにアートワークが。ちらっと見せるのもいいですし、がっつり主張させるものかっこいいです。

 

2018 TEAM CINELLI TRAINING CAP ¥3,000-(税抜)

RED HOOK CRITERIUMに代表されるトラックレースに参加しているCinelli Teamのチームトレーニングキットの一つです。同柄のグローブやジャージも販売されておりましたがそちらはすでに完売。キャップだけでも早く手に入れてください。

Cinelli Team instagram

2018 TEAM CINELLI RACING CAP ¥3,000-(税抜)

そちてこちらがレース用キットのカラーになります。SMITHのヘルメットまでしっかり合わせるのもよし。ワンポイントで使ったり、赤だとジャージやバイクまで合わせやすいのでこの秋のオシャレにどうぞ。

 

LORD OF SCIGHERA ¥3,000-(税抜)

風魔横浜界隈では「仙人」と呼ばれるこれまた最高なサイクルキャップ。実際はBIKE POLOにちなんだプロダクトです。合わせやすい白ですが、仙人に負けないよう被りこなせるかが勝負です。

 

今日ご紹介したCinelli以外にもサイクルキャップ取り揃えております。面白い商品も定期的に仕入れていきますのでサイクルキャップコーナー、ぜひチェックしてみてください。

 


Time Fixed Cleats

2018.Sep. 4

フローティングするからこそのTimeのペダルとおっしゃる方も多いかもしれませんが、Fixed Cleats・固定クリートを仕入れました。

ロード用ビンディングペダルとしてクリート固定時の可動域が広く、またスムーズなフローティング動作から愛用者の多いTime。

SHIMANO、LOOKはつま先を支点としてかかとを扇状に動かすことが出来るのですが、Timeはわずかですが左右水平方向にも動かすことが出来ます。それにより膝などの各関節への負担を減らすことができる。まさにTimeのペダルらしさとはそこなのですが、昨今他の理由から、例えばハイエンド機種の軽量さやキャッチ&リリースの軽快さなど、Timeペダルをお選びになる方も多くなってきました。

(ちなみにSPEED PLAYはペダルを中心として円を描く様にフローティングします)

この固定クリートは選手からの要望で製品化されたようです。スプリントで1/100秒を争うような際には固定されていた方が良い、他社のペダルで固定クリートを使っていた選手がTimeのペダルへの移行に際して慣れなかったりなどといった事が理由のようです。

*従来のフローティングするクリートとは異なり、左右を入れ替えてQファクターを変えることは出来なくなっています。

固定クリートが好きで、けどTimeを使ってみたかったという方の救世主になるかもしれません。

Time Fixed Cleats ¥3,600-(税抜)

フローティングするタイプと隣同士で展示しておりますのでお間違えの無いようお気を付けください。

 


7MESH MK2 BIB SHORT

2018.Sep. 2

7MESHのショーツは、高い耐久性に加え、快適さと動きやすさを追求し設計されています。

パターンはペダルストロークに的確にフィットするようにデザインされ立体裁断。縫製個所を減らし良質なパッドを使用することでストレスのないライディングとパフォーマンスの向上を可能にします。

ビブショーツには、縫い目のないユニークな「クリーンフィニッシュ」という技法を採用。摩擦の多い部分は全ての縫い目を除去、ホットスポットや摩擦の発生を防ぐことで、ひとつひとつの縫い目を長持ちさせることが可能になります。

ショーツ内部のパッドにはサイテック、Elastic Interface Collectionの中から長期間高性能を保つプレミアムオプションを採用しています。内部でパッドは吊り下げられるように配置され、インナーパッドとショーツ本体の間にスペースを作り、パッドを独立した形状で体にフィットさせます。

大腿部・裾のグリッパーはノンシリコン。長時間のライドでもシリコン負けすることなく、肌への負担を軽減しています。

7MESHの製品開発において最も重きをおいているのは、ライダーの冒険心を満たす高い機能性。

全ての製品は、軽さ、耐久性、心地よさ、機能性を最大限追求し、どれほど厳しい自然環境にあっても最大限の走行が可能となるように設計されています。

MK2 BIB SHORTはそのフィロソフィーが最も良く現れているプロダクトではないかと考えています。

レースからロングライドまで、全ての冒険にお使いいただきたい一着です。

MK2 BIB SHORT ¥19,000-(税抜)

サイズ感等、風魔横浜にてお試しください。


ステップアップスクール 開催しました

2018.Aug. 27

相変わらず灼熱の横浜で開催しました、ステップアップスクール。

これは自転車に乗るという事の基本中の基本から今一度学びなおそうというもの。

爽やかなライドイベントと違い地味な練習ですが、やった後はいつもよりバイクがうまく操れることに気が付いていただけとても好評です。

 

 

今回はせっかくお集まりいただいたので一人ではなかなかできないことも練習しました。みんなでキャッキャ言いながら、照り付ける日差しはかなりのものだったのですが、時間も忘れて楽しく練習できましたね。

内容は来てくれた方だけのヒミツ。個人的な悩み相談も合間合間でお答えいたします。爽やかライドや高強度ライドだけでなくこのようなスクール、定期的に開催いたします。ご興味持たれた方はスタッフまでお気軽にお問合せください。

次回イベントは9月2日 日曜日。系列店のGROVE各店との戸塚合同練習会!残暑も厳しそうですが張り切って一緒に走りましょう!


Aggressive Design Top Athlete Sun Protect Fighter

2018.Aug. 25

ヒグラシも鳴き始めた8月後半。

7月のうだるような暑さはだいぶ落ち着いてきましたが、まだまだ日差しの強い日が続いています。

今日ご紹介するのは秀逸な日焼け止め。WAKOSが新たにブランドを興し展開するAggressive DesignのTop Athlete Sun Protect Fighterです。

以前にも何度かご紹介しておりますが、気温が落ち着き走りやすくなってくるこれからの季節に向けて再度ご紹介。

男子諸君は日焼けでシミそばかすが出来ようとそんなに気にしないと思うので、あまりしっかりケアしていないと思います。が、日焼け止めをしてあげることで翌日の疲労度が明らかに変わってきます。暑い日にライドした夜、体がほてってなかなか寝つけなかった経験などないでしょうか?あの火照りが日焼け止めをしてあげることでかなり軽減されます。

日差しの強い日にアイウェアを使うように日焼け止めも使いましょう。回復用のサプリよりも費用対効果は高いのではないかと思います。

エンデュランススポーツ専用に作られたこちらの商品。しっかり汗をかいても流れないようになっています。どうしても市販の一般的な日焼け止めでは自転車のように汗をかくと流れてしまうので何度も塗り直しが必要ですが、このFighterは違います。滝汗で若干白く浮きますが流れてしまうことはありません。

簡単に流れ落ちないので、逆に言えば落ちにくいです。専用のクレンジングも販売されています。

今期より機内持ち込み可のSサイズが販売されています。まずはお試しに、にもオススメのサイズ感。石鹸だけではものすごい頑張らないと落ちませんのでクレンジングオイルであっさり落としましょう。

こちらのFighterヘビーユーザーの方で、日焼けしているとゴルフ行ってたり遊んでばかりいるように見られるから、とおっしゃっていた方がいらっしゃいました。社会生活も円滑になるAggressive Design Top Athlete Sun Protect Fighter。屋外にいる時間の長いスポーツバイクアクティビティにはまさにもってこいの逸品です。


ステップアップライド 横浜の裏側を駆け抜けました

2018.Aug. 20

「横浜」

きっとランドマークタワーや赤レンガ倉庫などのみなとみらい周辺や山下公園、中華街、大さん橋、ベイブリッジなどなど。ベイエリアをイメージする方が多いでしょうし、当店もそんなベイエリアの一角にお店を構えております。

が、一本裏に入ると急峻な坂が多数存在する面白いエリアだというのはご存知でしょうか?

今回のイベントはそんな坂を繋ぎに繋いだトレーニングルート。常連のストイックなお客様に楽しんでもらえるよう作成したハードなルートなのですが、そこをお客様それぞれにテーマを持って完走していただこうという毎週おこなっているイベントの中でもトレーニング色の強いライドとなりました。

目的地はおいしいパン屋さん。きついライドの後の休憩はみんなが自然と笑顔に。おいしいパンも会話を弾ませ一気に仲良くなれますね。

次回ロードイベントは26日 日曜日 ステップアップスクールです。日産エンデューロも近いので集団走行の練習がメインになるかと。参加ご希望のお客様は風魔横浜までご連絡ください!


7MESH / Highline Ultralight Jersey

2018.Aug. 17

7MESHの機能的なウェアの中でももっともレースフィットなジャージがこのHIGHLINE JERSEYです。

 

非常に軽量で抜群の通気性。湿度の高い日本にはものすごく向いている素材です。

技術力の高い7MESHのウェア全てに言えることですが、計算されつくした立体裁断で持った重量以上に着ると軽く感じられます。滑らかな着心地は快適さを、そしてエアロダイナミクスの向上にも寄与します。裏返して見てみると分かりやすいのですが、シームテープという縫い代部分が非常に少ないです。これにより、素材が持つ特性を最大限発揮し、そして軽さにも直結します。

何よりもすごいのが生地の撥水性。表面はDWR加工され水を弾きます。それにより、多少の雨であればしのぐことができるのと同時に、内部からの水分・汗はウェアの外に引き釣りだされ、撥水加工によってウェア内に留まりません。実際に着て激しくライドし汗をかくと、汗が生地の表面を玉のように転がっていくのが見てとれます。ちなみにメーカー推奨はインナーなしで着て欲しいとのこと。着るとしたら汗を体から引きはがす性能の高いインナーがオススメです。

 

ただし、7MESHが作るウェアはレースシーンだけに留まりません。バックポケットはクラシックな3ポケットですが生地の伸縮性が高いので荷物の容量は大きいです。また左右ポケットにはジップポケットも完備。ロゴはリフレクター素材を使用するなどあらゆる冒険のライドに使える仕様となっています。

カラーは写真の3カラー展開。

BLACK・PEWTER・STELLAR BLUEと使いやすいカラーが揃っています。

 

7MESHのロードバイクウェアの中でもっともストイックなライドを想定し作られたジャージ。洗濯してもすぐ乾くので毎日着倒せる、一番お気に入りのジャージになること請け合いです。

7MESH HIGHLINE ULTRALIGHT JERSEY ¥23,000-(税抜)

風魔横浜店頭でサイズ感等お試しください。


VENGE PRO in FUMA YOKOHAMA!!

2018.Aug. 11

SPECIALIZED VENGEのスペックを穴が開くほどご覧になっている方は気付いていますよね。

世界最速のバイク、S-WORKS VENGEと全く同じフレーム、フォーク、ハンドル、ステム、シートポスト。

S-WORKS POWERはPOWER EXPERTに変わり、CLX64はCL50に、DURA ACEはULTEGRAに、パワーメーターはつかずR8000のクランクに。

新しいVENGEとROVAL CLX64の組み合わせは素晴らしいです。64が平坦専用ホイールと思っているともったいないです。これは自信を持って言えます。エアロこそが全てであり、それを突き詰めたS-WORKS VENGEですが、それだけではないのがSPECIALIZEDの今。

踏み込んだ際の反応。どこまでも何度でも伸びていく、快感すら感じるバイクの走り方・進み方。何度か新しいVENGEに乗る機会のあった私はこれこそがS-WORKS VENGEのたどり着いた境地だと確信しています。

が、VENGE PRO。当店でも人気の高かったCL50がインストールされています。このホイールに変わることでより多くのフィールドで万能に使えるバイクになっています。

また違う見方をすれば、すでに完成されているS-WORKS VENGEと違い手を入れる余裕があるという点も面白い1台です。VENGE PROをベースとしたカスタム、例えばアルテグラのクランクにPIONEERをつけて、クリテリウム用に後輪だけCLX64を、、、などなど。

何が一番言いたいかというと、戦闘力の違いをはるかに上回る価格のメリットがあるということ。

2019 SPECIALIZED VENGE PRO

¥690,000-(税抜)

 

S-WORKS VENGEのフレームの価格¥500,000-(税抜)と比べればVENGE PROがどれだけコストパフォーマンスに優れているかわかるはずです。

当店在庫サイズは52。すでにメーカー在庫は僅少です。

実際に見てしまうと「いいバイクだけが持つ独特のオーラ」にやられてしまいますが、店頭にございますので一度見に来てください。

玉虫色のカラーリングも秀逸ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、フレームに「S-WORKS」の文字がある、そのステイタスを手に入れたいという気持ちも良くわかります。もしよろしければ風魔横浜でお客様のVENGEのお悩みお聞かせください。一緒にどのVENGEが一番幸せになれるか考えさせてください。


RED HOOK COLLECTION

2018.Aug. 7

秀逸なグラフィックから昨年は販売されるやいなや、飛ぶ鳥を落とす勢いで完売してしまったRED HOOK COLLECTION。

新しいグラフィックのバイクやエキップメントをインスタグラムなどで見て気になっていた方も多いのではないでしょうか?

本日風魔横浜にも入荷してきました!

 

ALLEZ SPRINT FRAMESET – RED HOOK CRIT LTD

¥159,000-(税抜)

当店には1本限りの入荷、サイズは54になります。

 

 

 

猛スピードで全力疾走する、クリテリウムレースは、控えめな方向けではないかもしれません。アドレナリンが全身を駆け巡るクリテリウムレース用バイクに、アンダーグラウンドカルチャーの雰囲気を漂わせたのが、このAllez Sprint Red Hook Crit LTD フレームセットです。

アルミフレーム最速を誇るALLEZ SPRINTをキャンバスとしたド派手なペインティング。バイクに組みあがった姿を想像するとしびれます。

続きましてこちらもヘルメット・シューズのご紹介。こちらも最速のエキップメントがベースとなっています。

 

 

S-WORKS EVADE Ⅱ – RED HOOK CRIT LTD

¥28,000-(税抜)

S-WORKS 7 – RED HOOK CRIT LTD

¥39,000-(税抜)

どちらもフレームを彩ったペインティングが施されて存在感を放っています。クリテリウムレースのコレクションと言う事でスピードに特化したEVADE Ⅱが選ばれているのが面白いですね。PREVAILよりもペイントが映えるなんて理由もあるのでしょうか?EVADE Ⅱは左右それぞれから見た印象が全く異なるグッドデザイン。フレーム・ヘルメット・シューズと合わせて使っていただくのも、ワンポイントで一点だけ使っていただくのもかっこいいですね。

EVADE ⅡはMサイズとLサイズが、S-WORKS 7は41と41.5が入荷しております。

 

 

 

 

 

さて、入荷数には限りのある限定モデル。悩んでいる時間はそう多くないと思います。

写真よりも実際にご覧いただいた方がカラーリングの妙についてよく理解できるはず。風魔横浜でぜひご覧ください。