MTB


新型M9120 XTRのブレーキが入荷しました

2018.Dec. 27

シマノのMTBコンポーネントでフラッグシップに君臨しているXTRがついにモデルチェンジを果たしました。ロードバイク以上にMTBはトレンドが目まぐるしく変化しており、XTRもそれに合わせて様々なアップデートが加えられました。先代M9000までのXTRはクロスカントリーに的を絞ったラインナップで、軽さ・コントロール性に重きを置いたデザインになってました。今回生まれ変わった新型のM9100(M9120) XTRは、クロスカントリーに加え近年激化しているエンデューロにも対応する幅広いラインナップとなっています。

今回は新型XTR M9120系のブレーキレバー・キャリパーが入荷しましたのでご紹介します。

 

◆ BL-M9120 レバーセット

¥25,038-(税別)

◆ BR-M9120 キャリパー(片側)

¥15,834-(税別)

M9100はXC(クロスカントリー)、M9120はエンデューロシーンを想定した住み分けとなっています。

レバーをハンドルに固定するクランプの位置が大きく変わっており、これによりシフターの取付位置・角度の自由度が増し操作性が向上します。

クランプ位置はずれましたが、レバーの支点の位置でハンドルと接触するためハードなブレーキングでもレバー本体がたわむことはありません。レバー本体を2点で支持することにより剛性があがりました。

クランプはもちろん容易に脱着が可能です。

レバーの形状も見直され、くびれ部分はより細くなり握る部分は0.5ミリほど太くなりました。

 

お次はキャリパーですが、M9120はより制動力の高い対向4POTのキャリパーとなります。

シマノのDH・エンデューロコンポーネントのSAINTと同様、前後異径ピストンを採用しています。

SAINTに比べスマートな印象の新型XTR。ただ、ピストン径を測ったところほぼ同じサイズとなっています。

より少ない力で高い制動力を発揮し、かつよりリニアに応答するコントロール性が高まった新型M9120のブレーキは相当の実力を秘めているブレーキと感じられます。

店頭に展示しておりますのでぜひ実際にご覧ください。また組み付け等のご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。


この冬一番人気のDEFLECT GLOVE、再入荷しております

2018.Dec. 21

急激な冷え込みから、さらにその人気を加速させたSPECIALIZEDのDEFLECT GLOVE。

オーダーしていた分がようやく再入荷致しました。

耐風性ソフトシェルは冷えやすい手と冬の空気をカット!しつつも手の動きを妨げません。厚手過ぎないところが人気の理由です。

なんだかんだ言っても一番人気はブラックですが、レッド・イエローもおとなしくなりがちな冬のサイクリングファッションのワンポイントとして人気が高いです。

手のひら側はスエード地。グリップ力はとても優秀。パッドも多すぎず少なすぎずいい塩梅です。タッチパネル式ディスプレイにも対応しています。

DEFLECT GLOVE ¥4,800-(税抜)

この値段でしっかりと冬と戦えるのは心強いのではないでしょうか?今ならサイズもお選びいただけますのでお早めにどうぞ。

そしてこちらはDEFLECT H2O GLOVE。そう、優秀なDEFLECT GLOVEに防水機能が追加されたモデルです。

1月から早速始まるブルべなど、冬のどんな天気でも走る理由のある方はこのくらいの戦闘力を兼ね備えたグローブをお勧めします。

外装には通気性があって完全防水の素材を。リフレクターも配備しているので冬の雨の夜なんていう恐ろしいシーンでも安心です。

手のひら部分のグリップ力は高く、雨天でも操作性能を落としません。タッチスクリーンも対応しているのでスマートフォンの操作も可能です。

やはり雨での使用を前提としているので通常のDEFLECT GLOVEと異なり手首部分が締められるようになっています。

真冬の雨でも乗らなくてはいけない理由のあるハードコアから単純に冷え性のアナタまでオススメです。

DEFLECT H2O GLOVE ¥7,800-(税抜)

 

ウィンターキャンペーンは24日(月曜日)まで!となっております。

この機会をお見逃しなく!皆様のご来店をお待ちしております。

 


Muc-Offから便利なチューブレスシーラントキットが入荷しました。

2018.Dec. 15

もはやチューブレスシステムはあたり前のご時世となりそれに伴う様々なグッズが増えておりますが、正直なところ何を選べばいいのか悩んでしまいます。

今回ご紹介するのは英ケミカルブランド、マックオフのシーラントキット。Muc-Offといえばデザイン性の高いパッケージやカラフルなケミカルのイメージが先行しがちですが、用途に合ったアイテムを多数用意しています。

特にチェーンルブはウェット・ドライのみならず駆動抵抗の低減を重視したものや、ブルベ等を想定して耐久性を重視した固形のものまで様々です。

同じイギリスのプロツアーチーム、TEAM SKYをサポートしており実際にレースの現場でも使用されているほど高いパフォーマンスを発揮します。

 

◆ Muc-Off NO PUNCTURE HASSLE チューブレスシーラント

¥2300-(税別)

シーラントだけでなく計量用のスプーンやバルブコアツール、シーラントに反応するライトが付属しています。

こちらが使用方法の動画です。

動画を見て頂けるとわかりますが、バルブコアを外して容器をそのままバルブに差し込み漏れることなくクリーンに作業ができます。

もちろんタイヤを外してスプーンで入れて頂いても大丈夫です。

こちらは変わった形のバルブコアツールとOリングです。ツールは仏式・米式に対応しています。Oリングが2つ付いておりますが、

このようにバルブにツールを装着できます。無くしがちなバルブコアツールですので、出先でも安心です。

また、ライトが付属しておりシーラントにこのライトを当てると反応し、発光して見えます。タイヤに穴が空いたが小さくて場所が確認しづらい場合に役に立ちます。

いままで大体はシーラント単体での販売でしたが、キットでのパッケージはなかなか無かったのではないでしょうか。今回のキットとあとはチューブレス対応のタンク付きのポンプがあれば、問題なくチューブレスレディの維持ができます。

店頭にございますので気になる方はご来店ください。


KONA KAHUNAが驚きの特価で販売中!

2018.Dec. 11

カナダを代表するMTBブランド、KONAのリーズナブルなクロスカントリーバイクが特別価格となっていますのでご紹介いたします。

グラビティバイクのイメージが強いKONAですが、クロスカントリー系エントリーモデルのラインナップの豊富さもKONAの魅力のひとつ。モデルが豊富なだけありクオリティも当然高く、いろいろなシチュエーションで遊べる頼もしいバイクが多いんです。

 

◆ KAHUNA サイズ:S

¥149,000-(税別) → 89,400-(税別) 40%OFF!

29インチクロスカントリーバイクのKAHUNAは、軽いトレイルライドであれば難なくこなします。29インチの走破性とスタンドオーバーハイト(地面からトップチューブまでの高さ)の低さが走りに安定感をもたらします。

 

アルミフレームですが、ヘッドチューブ周りの溶接がとてもなめらかでカーボンフレームと見間違えてしまう程。溶接跡のなめらかさは見た目の良さと耐久性の高さにも影響してまいります。

ブレーキは昨年モデルチェンジを果たしたシマノ M6000 DEOREがアッセンブルされています。トレイルライドにはちょうど良い制動力と、高いコントロール性を持っています。

サスペンションはRECON RL 100ミリトラベルで軽量に仕上がっています。

ドライブトレインはこの価格帯でSRAM NX 1×11のコンポーネント。

ハブは信頼性のあるシマノ DEOREで組まれています。

価格から考えるとパーツアッセンブルが非常に良いことがわかります。

ただいまキャンペーンを開催しておりますのでこの機会にぜひどうぞ。

 

残り1台のみですのでお早めに!


12月のイベントのご案内

2018.Dec. 4

早いもので今年も遂に12月。師匠も走る12月となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

どうにも寒くなってきて早起きがつらい季節になってきましたが、風魔横浜のイベントで走って2018年を締めくくりましょう。

 

12月8・9日(土日) モーニングライド on The MAVIC WHEEEEEEL!!!!

先日お伝えさせて頂いたのですでにスケジュールは空けておいていただいていると思いますが、この土日はMAVIC ホイールの試乗会を風魔横浜で開催いたします。そこで先着順にはなってしまいますが、試乗ホイールを履いてモーニングライドに行きましょう。営業中のご試乗はあまり長い時間はお試しいただけないので、しっかり走ってみたいという方はご連絡ください。

もちろんホイールの試乗されないという方、もうMAVIC使ってるよ、という方もご参加いただけます。上り下り平坦と楽しめるコースにお連れしようと思いますが、基本的には癒し系ライドの予定です。一緒に週末の朝、さらっと体を動かしてリフレッシュしましょう。

集合は風魔横浜に8:00。走ってお茶して11時までにはお店に戻れる2~30kmくらいのライドの予定です。

参加を希望していただける方は、特にホイールの試乗を希望されるお客様は先着順になりますのでお早めにご連絡ください。その際日にちと試乗してみたいホイールもお伝えください。

 

12月16日(日) ステップアップライド

横浜周辺のグッドな道をつないで走る知る人ぞ知るライドコース、そのルートを一緒に走ってみませんか?というステップアップライド。

それぞれ課題をもって、時にはレクチャーを交えながら走ってみませんか?というもの。トレーニング目的の速い方のためだけではなく、上手にかっこよく乗りたい全ての方にご参加いただけるモーニングライドイベントです。私が横浜市内で一番オススメしたいパン屋さんにも行く予定です!

集合は風魔横浜に朝8:00、こちらも11時開店時には戻ってきたいと思っております。

 

12月24日(月) ステップアップスクール

自転車の基本から学びなおしましょうというステップアップスクール。

クリスマスイブに風魔横浜から送る今回も人気のダンシング練です。どうにもダンシングが長続きしない、むしろきつくなっちゃうからあまりやらない、そもそも出来ているかわからないなどなど。お悩みは尽きないと思います。リズムの取り方、重心位置などお伝えしたいと思っています。

集合は風魔横浜に8時。お昼前には解散予定です。スキルアップしてライドの幅を広げましょう!

 

12月30日(日) 走り納めライド

今年も開催いたします!2018年を締めくくる平成最後の走り納めイベント☆

今年のROADはライダーレベルに合わせ2クラスを設定したライドを開催!

◆中級者ツーリングクラス(中・上級者)

◆STEP UPツーリングクラス(初心者)

 

STAFFお気に入りのレストランやフィールドを目指し2018年締めのライド。

クラス分けは、STAFFにて行いますがご希望おっしゃってくださいね。

各クラス共に定員を設定しており、参加お申し込みは先着お申し込み優先とさせて頂きます。

※お申し込みは12月25日(火)までとなります。

 

※当店で車体ご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。

※詳しい内容はスタッフまで♪

 

人気のイベント、すでに予約が入り始めております!

参加希望の方はお早めにご連絡下さい!

 

皆様のご参加をお待ちしております。


「POWER」テストサドルを体感してサドル探しの旅を終わらせましょう。

2018.Nov. 30

サイクリストにとって、人によっては永遠の課題とも言えるサドル選び。長時間乗るとどうしても違和感・痛みを感じる方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

風魔横浜では、SPECIALIZEDの「POWER SADDLE」をテストサドルとして常備しております。一世を風靡したPOWER、少々丸みを帯びたPOWER ARC、トライアスロン用のSITEROもご用意しています。

近年他のメーカーからも似た形のサドルを出していることからもPOWERの影響力を感じます。「ショートノーズサドル」という新しいジャンルを確立したのは間違いなくこのPOWERです。まずは計測器具で座骨幅を測り、なんと幅に合ったサドルを実際にその場で乗っていただけます!こちらはSPECIALIZEDが提案するRETUL FITで用いるフィッティングツール、「MUVE」。サドル高やハンドルまでの距離を瞬時に調整でき、こちらにまたがっていただきペダリングしてテストサドルを体感して頂けます。サドルが合うかどうかは乗らないと絶対に判断できません。店頭での販売しているとPOWERとPOWER ARCはちょうど半々くらいの割合です。乗った際のフィーリングとライダーの好みでどちらか選んで頂くのが一番いいと思います。

ちなみにチームスカイの絶対王者、クリス・フルームは重要なアタックを仕掛ける日にメーカーロゴを消したPOWERを使用していました。

また、ロードだけでなくマウンテンバイカーにもおすすめしたいPOWER。

なんとDH界のレジェンド、SAM HILLも使用しているんです。

2018年、EWS(エンデューロワールドシリーズ)にて使用したバイクです。エンデューロレースではペダリングセクションが非常に長いため、サドル選びに手を抜けません。

サドル選びにお悩みでPOWERを試したい方はぜひご来店ください。

 

 


PROCESS 153 AL DL 29がスペシャルプライス!一台のみの特価販売です!

2018.Nov. 27

KONAの2018年モデルが特価販売中です!

先日公開いたしました記事に特価車体を記載しましたが、その中から29erのPROCESS 153をもう少し細かくご紹介します。

2018年、コナのエンデューロバイクであるPROCESSシリーズはモデルチェンジを果たし、近年の激化するエンデューロシーンに対応するべく下り性能が大幅に向上しました。リアユニットの配置やリンクの形状等、より低重心・高剛性なフレームに生まれ変わり、その上SRAM GX EAGLEドライブトレインを装備し登坂力も兼ね備えております。

富士見パノラマなどのダウンヒルコースで“楽に速く”走れる最高の相棒となるはずです。29インチは根っこやガレ場、ドロップオフなどものともせずに安全に気持ちよく走れますよ!

 

◆ PROCESS 153 AL DL 29 サイズ:M

¥388,000-(税別) → 271,600-(税別) 30%OFF!

今回ご紹介するのは29インチ仕様のPROCESS 153 AL DL。数年前のダウンヒルバイクと遜色のない下りでの安定感を持っています。ホイール大径化に伴い、規格はもちろん前後ブースト規格となっております。

ブレーキは前後とも4ピストンのSRAM GUIDE Rを装備。リーチアジャスト(レバーまでの距離)が工具なしで調整できます。ブレーキローター径はフロント200、リア180となっており、29インチの大きなタイヤを制動する十分な性能を与えられています。

フロントフォークはROCKSHOXのYARIとなり、高剛性なシャシーにクリック感の気持ちいいダンピング調整ノブを備えています。

ちなみに最近のROCKSHOXフォークエンドは「トルクキャップ」という独自の機構を持っています。下画像の右がそのトルクキャップの説明です。

 

エンド内側のザグりを大きくとり、ハブのキャップとフォークエンドとの接地面を増やし15ミリスルーアクスルながら20ミリスルーとほぼ同じ剛性になるとのことです。15×110のハブであれば基本的に取付可能ですが、トルクキャップ対応のハブで組めばフォークの性能を最大限引き出すことが出来ます。PROCESS 153 AL DL 29ではしっかりとトルクキャップハブがアッセンブルされています。

リアショックはROCKSHOX Deluxe RT Trunnionを装備。リアショックボディをリンクが挟むような構造の「トラニオンマウント」が剛性を大幅に向上させています。前モデルではリアユニットが直押しに近い配置だったのに対し、縦置きになったことによりリアショックのねじれが軽減され、トラニオンマウントと相まってリアショックがとても正確に動作するよう進化しました。すなわち路面に対する追従性が良くなり、後輪が地面を舐めるように走ってくれます。

スイングアームやリンクのピボット位置は登り性能も考慮されており、さらにGX EAGLE 12スピード ドライブトレインのスーパーワイドレンジなギヤレシオのおかげで、見知らぬトレイルの登りでも降りることなく走り続けることが可能です。ロングストロークバイクですが29インチですと意外とスルスル走れてしまいます。

タイヤは前後ともMAXXIS MINION DHF 29×2.30。直進安定性の高いブロックパターンで、29インチとの相性が抜群です。

フレームとのクリアランスは一般的な範囲内に収まっております。

ドロッパーポストはROCKSHOX reverbを装備。ワイヤーではなく油圧での操作なので、ワイヤーが渋くなるようなことは起こりません。また、縮めたポストを伸ばす速度を調整することが可能です。

写真ではわかりづらいですが、シフトアウターやブレーキホースをフレームに固定するスモールパーツも形状が凝っており、細かい部分にもこだわりを感じられます。

日本のコースで29インチはオーバースペックなのでは・・・とお思いの方は結構いらっしゃるのではないかと思いますが、大径のメリットは数多く挙げられます。一度乗ってみると特有の安定感や走破性が癖になること間違いなしです。

在庫は一台のみですのでお早めに!在庫状況はお気軽にお問合せください。


自転車を購入してからオーバーホールはされましたか?やるならこの時期です!

2018.Nov. 19

サイクリストの皆様、愛車のメンテナンスは行き届いておりますでしょうか?これからの季節、気温も下がり外を走るのが少し億劫・・・なんて方に今こそ車体のオーバーホールをおすすめします。

普段のメンテナンスでは手の届きづらい回転部分、例えばBBやヘッド等の回転部分は定期的に見ておかないと手遅れな状況に陥っていることがございます。走行距離や環境にもよりますが、1年から2年に一度はオーバーホールをおすすめしております。特に雨天での走行が多い方はお早めの施工をご検討ください。外見に問題が無くとも思ったより傷んでいます。

風魔横浜では随時オーバーホールを受け付けております。他店で車体をご購入されたお客様でも大丈夫です。

オーバーホール後の車体のカチッとしたフィーリングは、新車に乗り換えた時の感覚を思い出させてくれ、気持ちよくライドを楽しむことが可能になります。

〈作業内容説明〉

・車体お預かり前に車両の確認をおこない、作業手順、交換パーツの提案/見積もりをさせて頂きます。

・オーバーホール時のパーツアップグレードをされる場合、取付工賃は発生しないのでお得です。

・お持込品の組み付けなども柔軟に対応させて頂きます。

・フルオーバーホールでは、お預かりした車体の部品類を全て取り外し、点検、分解、洗浄をおこないます。

・ワイヤー・バーテープは基本的には新品を使い組み付けをおこないます。

大体の納期は2週間程となります。

フルサスペンションのMTBもお任せ下さい。ゲレンデはオフシーズンとなりますので今のうちにオーバーホールして来シーズンに備えましょう。

フレームのリンクやピボット部の分解・清掃については追加で工賃を頂戴いたします。サスペンションやリアユニットに関してはメーカーにお送りし、サービスを受ける形となります。サスペンションの状態により金額が上下いたしますのでご了承ください。

交換するパーツ、アップグレードするパーツ、お見積もり等ご相談承りますのでまずはスタッフまでお気軽にどうぞ。

 


Race Face – NEXT R 35 Handle Bar

2018.Nov. 18

Race Faceから35mm径のカーボンハンドルバーが入荷しています。

NEXT R 35 Handle Bar

 

定評の高い同社Race Face SIXCバーと同じ形状で、よりエンデューロやトレイルライドに向けた仕上がりになっているのがこのNEXT R。35mmクランプならではの高い剛性と軽さを同時に備えています。

ライズは3種類、写真上から10mm、25mm、35mmと幅広くニーズに対応しております。

 

長さはどれも800mm、最小で750mmまでカットが可能。また5°のアップスウィープに8°のバックスウィープも非常に評価が高いです。

35mm径により強度・剛性は高いのですが、カーボン素材の振動減衰性能の高さにより細かい微振動はカット。完成車についてくる、重量があってパワフルなアルミ製のハンドルから交換してあげると違いが如実に分かって面白いと思います。

重量は20mmライズのもので215g。ぜひお持ちのハンドルと比べてみてください。

きれいに写真は撮ったつもりですが、現物のシェイプが一番です。店頭で全サイズ実際に手にしてご覧いただけます。

また、BIKE-ONLINEでも販売中です。こちらもぜひご覧ください。


冬でも走りたいサイクリストのためのグローブ、DEFLECTが入荷してます。

2018.Nov. 17

冬のライドに向けた装備の準備は万全ですか?冬にどれだけ走り込むかで、春以降の体のコンディションは大きく変わってきます。これからの季節に向けてspecializedの冬用グローブを店頭に並べておりますのでご紹介いたします。良いグローブは低気温のライドでの快適性や操作性に直結しますので、妥協できないアイテムの一つとして数えて間違いありません。

 

◆ DEFLECT

¥4,800-(税別)

冬用防風グローブにしてはお手頃価格の手の甲側は防風のソフトシェル、手のひら側は感触の良いスエードとなっております。手の甲側は防風ですが、思いのほか生地が伸びるのでストレスなく操作できます。

裏は起毛の生地となっており保温性を確保します。手首周りはネオプレーン素材が用いられ、防風性とフィット感が向上します。この手首周りの太さが絶妙で、着るジャケットによって袖を上にするかDEFLECTグローブを上にするかどちらでも問題無く装着できます。

手のひら側の感触がすこぶる良く、新品の状態でも良いのですがある程度使用すればさらに柔らかい肌触りとなるでしょう。

こちらは小指の外側部分ですが、夜間に反射するようにこの部分だけ生地表面が変わっています。

人差し指、親指の先端はタッチパネルの操作が可能です。寒い冬でもグローブを外さずに映える写真を撮影することができます。

このDEFLECT グローブであれば大体の冬を越せるかと思いますが、冷え性の方はインナーグローブを一枚仕込めば十分かと感じます。

防風性と保温性、透湿性のバランスが非常に優れており、ガンガン走られる方もゆったりペースでサイクリングされる方も満足できる性能をDEFLECTは持っています。

三色を店頭に在庫しております。試着されたい方は気兼ねなく仰ってください。