ROAD


注目のカーボンホイール ULTEGRA WH-R8170 C36&50入荷しました!

2022.Aug. 13

新型アルテグラで注目なのは12速になったコンポーネントだけではありません。

今作のホイールはアルテグラグレードでは初のカーボンホイールとなり登場しました。(厳密にはカーボンラミネートのものはありましたが)

個人的にアルテグラのホイールセットは数あるミドルグレードカーボンホイールの中でもかなりホットなモデルなのではないかと思います。

 

■Shimano WH-R8170 “C36″ ¥157,300-

36mmリムハイトのC36。

重量は前後ペアで1488gと、ミドルグレードながらなかなか軽量になっています。

シリーズで一番軽量なC36はやはり登りの軽さと反応の良さはピカイチ。

多くのアルミホイールよりもリムハイトが高くなるのでエアロ効果も感じられるはずです。

 

■Shimano WH-R8170 “C50″ ¥157,300-

こちらは50mmハイトのC50。

前後ペアで1570gと、こちらもリムハイトの割にかなり軽量です。

エアロと軽量のバランスが良いC50はどこでも使いやすく速いホイールです。

速度域が速いとこのホイールはより活きてきます。

 

今期最も注目されていると言っても過言ではないSHIMANOホイール。

ULTEGRAグレード、WH-R8170はリムの内幅・外幅は全モデル内幅21mm、外幅28mmとDURA-ACEとも同じプロファイル。トレンドなワイドリムとなっています。

対応タイヤ幅は25~32mm。

もちろんチューブレス対応。フックドリムなのでクリンチャーでの運用も可能です。

 

デュラエースのハブは12速専用フリーボディですが、アルテグラは11速にも対応しています。

12速化しなくても新型ホイールが使用できるのは嬉しいですね。

 

 

完成車付属のエントリーアルミホイールは前後で2㎏近くあるものが多いのでそこからの交換だと違いは歴然です。

人力で漕いでいる自転車は、外周部の重量が命。

そしてエアロダイナミクスにも優れたプロファイルとなれば、踏み出しや加速、登りも下りも平坦も、どこを走っても速くなりますよ。

 

登りが軽く、反応も抜群なC36か、オールラウンドに速いC50をご自身の好みやライドのスタイルに合わせて選んで頂けます。

ここで悩むのもホイール交換の醍醐味ですね。

 

シマノのホイールはどこを見ても平均以上の優等生なので幅広い方にオススメできます。

初めてのホイールアップグレードやハイエンドモデルをすでにお持ちの方の普段使いにもいいですね。

ここ最近は自転車以外でも値上げで頭が痛いですが、このプライスでこのスペックはかなりコストパフォーマンスが高いと思います。

ホイールのご相談はお気軽にスタッフまで!ピッタリの一本をご案内させていただきます。

BIKE-ONLINEでも販売中です。ご来店が難しい方はこちらもご覧ください。

 

 

~当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

 

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。