MTB


2019 PROCESS153 29 スペシャルプライスにてご提供中

2020.Apr. 12

マウンテンバイクの進化は日進月歩で、ちょっと前の車体から最新のものに乗り換えると本当に同じ乗り物かと思ってしまうほど。ジオメトリ、リンク形状、サスペンションユニット、各部の規格など、あらゆる点が信じられないスピードで進化しています。

 

その中でも特に進化の度合いが著しいと言われるのがエンデューロと呼ばれるジャンル。言ってしまえばオールマウンテン以上ダウンヒルバイク未満のオールラウンド系下りバイクなんですが、その下り性能は1,2世代前のダウンヒルバイクと同等かそれ以上!それは単に早いスピードで下れるというだけでなく、高い速度域での安全マージンが高いということも意味しています。

 

今まで怖いと思っていたセクションが興奮と楽しさに溢れたセクションに化ける。この感覚こそ僕らがマウンテンバイクを通して最も伝えたい物の一つであり、マウンテンバイクの醍醐味の一つでもあります。すべてのストレスが吹き飛ぶことを保証しますよ。

 

■PROCESS153 29 AL Mサイズ 30%OFF!

¥320,000 → ¥224,000(税抜)&更にポイント還元

さて、そんなエンデューロシーンを代表するバイクの一つがKONAのPROCESS153。現行モデルの評価は非常に高く、海外MTBフォーラムでもベストエンデューロバイクアワードを受賞したことがあります。質実剛健な見た目に見合った下り性能を持っている事はもちろんですが、見た目からは想像もつかない登り性能を兼ね備えているのが好評価される所以です。

しかもこちらのモデルはトレンドど真ん中の29インチホイール仕様。

 

毎年非常に人気が高い車種ですが、店頭在庫のラスト1台がお買い得価格になっています。

ぜひお見逃しなく!

 

綺麗なペイントもこのバイクの魅力。緑好きにはたまりません!毎年野趣溢れるカラーリングのイメージが強いKONAですが、2019年度はこういった洒落たカラーが多かった気がします。2020年モデルのPROCESS 153も店頭に用意していますので、ぜひ見比べてみて下さい。

ゲレンデの王者、PROCESS 153 29 2020年モデル入荷しました

 

ゲレンデシーズンに向けて今からパークで予行演習というのもいいんじゃないでしょうか。1台限りとなりますので、ご検討の方はお早めにどうぞ!

遠方の方は当店通販サイトでもご購入頂けます。

 

 

 

~政府による緊急事態宣言後の当店の対応について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2019 PRINCE FX ULTEGRAクリアランス!新色追加しました

2019.Dec. 24

ディスク化の流れが加速する昨今、本気のリムブレーキモデルを作り続ける数少ないブランドの一つがピナレロです。

レーシングスペックのリムブレーキロードが欲しい!そう思った時、選択肢になりうるバイクは決して多くは無いのが現状ではないでしょうか。

そんな少ない選択肢の中のド本命と言えるのがPRINCE FXです。

 

■2019 PRINCE FX ULTEGRA 515サイズ

¥528,000 (税抜) → SPECIAL PRICE&更にポイント還元!

そんなわけで店頭在庫のPRINCE FX完成車をお買い得価格にてご提供中です。

515サイズ1台限りとなりますのでお見逃しなく。

ちなみに以前ご紹介したグラディエントヴルカーノの500サイズもまだご用意可能です!

 

さて、2019年のDOGMAやPRINCE FXはフェードカラー(グラデーション)がモチーフとなっていました。

こちらのホワイトレッドも例外ではなく、実はホワイトの部分がグラデーションになっているんです。

シルバーに近いパールホワイトからグロスホワイトへと徐々に移り変わっていくペイントが見事!

こういう芸コマなペイントはイタリアンバイクならではですね。ものすごくカッコよく、所有感の高いフレームカラーです。

 

パフォーマンス面はあちこちで絶賛されているので今更申し上げるまでもないかと思います。

他社のハイエンドに匹敵する東レT900ハイストレングスカーボンをマテリアルに用い、最高のレーシングバイクであるDOGMA F10のDNAを引き継ぎさらにブラッシュアップさせた造形のフレーム。

整流効果を促すフォークラップやダウンチューブやヘッドとフォークのチリ合わせなどF10を凌ぐテクノロジーが投入されています。

ホイールさえ交換すれば、すぐにでもライバルを置き去りにすることが出来るでしょう。

 

ウィンターキャンペーンの開催に伴い、この他にもピナレロ各種モデルをクリアランス価格にてご提供しております。

ぜひこの機会にイタリアンバイクの神髄をご堪能ください。

 

ただいまウィンターキャンペーン開催中!

12月29日までとなっております。皆様のご来店お待ちしております。


風魔横浜オリジナル!ALLEZ SPRINT FLATBARのご紹介

2019.Dec. 23

最高のアルミフレームだと僕らが信じてやまないスペシャライズドのALLEZ SPRINT。

その刺激的な走りをもっともっといろんな人に味わってもらいたい!

それにはカジュアルに乗れることが大事なんじゃないか?ならばハンドルはフラットバーで、フロント変速はシングルで・・・

 

そんな風魔横浜オリジナルのALLEZ SPRINTをご用意しました。

52サイズ一台限りとなります!

 

ベースになっているのは2019年のグロスアシッドミントというカラーのフレームセット。

同じALLEZ SPRINTの完成車でグロスコスミックミントというのがありますが、あれよりもやや濃いめの緑色となっています。

今のところグロスコスミックミントの車体も店頭にありますので、ぜひ見比べてみてください。

面によって色の濃淡を変えて立体感を強調していたりと凝ったペイントです。

フレームセットでしか展開の無いカラーということでプレミア感高し。

実物は写真よりも綺麗なので、ぜひ店頭でご覧頂きたいと思います。

街乗りや通勤通学に用いるならリア変速さえあればいいという判断で、フロントは潔くシングルとしました。

チェーントラブルや操作の煩わしさが激減しますし、幾ばくかの軽量化にもなります。

チェーンリングはMTB乗りにはおなじみ、カナダの名門パーツブランドRACEFACE ナローワイドリング。

入手しやすい110PCD5アームなので、リングの選択肢は豊富です。

歯数やデザインなど、お好みで色々変えてみて下さい。

 

 

その他のドライブトレインやブレーキ等は信頼のシマノTIAGRAで統一しました。

改めて触ってみるとTIAGRAの基本性能ってスゴイですよ!

一般的なクロスバイクについて来るコンポと比べて、変速のフィーリングやブレーキのタッチが雲泥の差です。

全ての操作感が気持ちよくて、自転車に乗る楽しさを倍増してくれます。

 

 

前傾姿勢を和らげるため、ハンドルはややライズのある物にしました。

フラットバー仕様だとドロップハンドルよりも気軽にハンドル交換が出来るのがいいところ。

ステムやグリップと合わせ、自由なカスタマイズを楽しんでください。

 

重量は8.1kgとなりました。

フロントシングルとは言え、ホイールがRS100ということを考えるとなかなか脅威的な軽さと言えるのではないでしょうか。

ホイールに関しては少々のアップチャージでMAVIC COSMIC ELITE USTへの変更が可能です。

詳しくは店頭にて。

 

さて、気になるお値段ですが、トータル税抜価格24万円のところ【SPECIAL PRICE!お問い合わせください】でのご提供となります。

吊るしの完成車より高くなっては意味が無いので価格はかなり吟味しました。
風魔横浜オリジナルのALLEZ SPRINT、いかがでしょうか。

【ALLEZ SPRINT “FLATBAR” ~FUMA ORIGINAL~】

ホイール Shimano WH-RS100

タイヤ Vittoria Zaffiro

クランク praxisworks Zyante 165mm

ボトムブラケット praxisworks ConversionBB

チェーンリング RACEFACE Narrow Wide 40t

チェーン Shimano CN-HG95

カセット Shimano CS-HG500-10 11-34

RD Shimano RD-4700

ブレーキレバー Shimano BL-4700

ブレーキキャリパー Shimano BR-4700

シフター Shimano SL-4700

ハンドルバー GizaProducts Deviant

グリップ Fabric Lock on grip

ステム TNI CNC Stem 90mm

サドル Fabric Scoop gel


トレイル・パークライドに最適なクロモリハードテール・BIG HONZO STがお買い得!

2019.Dec. 17

こんにちは、風魔横浜です。

KONAの数少ないクロモリハードテール、BIG HONZO STがお買い得となっておりますのでご紹介します。


■ 2019 BIG HONZO ST 27.5+ サイズ:M ¥247,000-(税別) → SPECIAL PRICE

クロモリハードテイルのトレイルバイク、HONZO STは2018年モデルではフレームセットのみでしたが、2019年モデルより完成車のラインナップも加わりました。日本の里山にベストマッチなトレイルバイクです。

タイヤサイズは27.5×2.80となり、セミファットと呼ばれるサイズ。転がり抵抗とコーナリンググリップのいいとこ取りのサイズで、コースコンディションに関わらずライドを楽しめます。タイヤの空気圧をより低圧の状態で乗車できるので、コーナーではグリップが強まり、ペダリング時はトラクションが増え、明らかにメリットを体感できます。

特にリアサスペンションの無いハードテールバイクとの相性は抜群です。

リアエンドはスライドドロップエンドとなっており、乗り方やお好みに応じてチェーンステー長を調節できます。最短で425ミリ、最長で440ミリに調整が可能です。また、シングルスピードに組み替えもあり。今風なクロモリ27.5+でシングル仕様はなかなかシックではないでしょうか。

リアタイヤとフレームのクリアランスはこんな具合です。29インチタイヤを装着することも可能となっています。

フォークは後々アップグレードが可能なROCKSHOXのREVELATION。ダンパー機構をごそっと別物のダンパーにアップグレードできます。

ドロッパーポストはROCKSHOXのリバーブ。油圧での操作となるので、ケーブルが劣化して操作が渋くなることがありません。また、下げたポストを伸ばす際の動作スピードの調整も可能です。単体で購入すると税抜¥50,000-のお品です。

ネイビーにライトブルーのラインとロゴの絶妙なカラーリング。細身のクロモリフレームにクールなグラフィックの組み合わせが良い雰囲気を出しています。

ハードテールだとどうしても感じてしまう後輪の跳ねを、クロモリ+セミファットタイヤがとてもマイルドにしてくれます。

最近、関東でもバイクパークやトレイルが増えてきております。それらのフィールドはこのBIG HONZO STの最も得意とする場所であるのは間違いありません。関東のパークですとゲレンデと違い冬季でも走れる所が多いので、この冬からBIG HONZO STでMTBライドを開始してみてはいかがでしょうか。

 

ただいまお得なキャンペーンを実施中です。

 

この機会にぜひご検討下さい。


究極のオールラウンダー TARMAC COMPグレードが スペシャルプライス!

2019.Dec. 14

SPECIALIZEDが最後に本気を出して作ったリムブレーキのロードバイクがこのTARMAC。ディスクブレーキ全盛の令和元年ですが、まだまだリムブレーキしかない利点を求める方は多くいることでしょう。

実際メンテナンス性に関して、出先で何かトラブルになった時、携帯工具があればなんとかなるかもしれないのはリムブレーキの方。ディスクブレーキと比べると見た目に構造がわかりやすいという点も大きいでしょう。

また今のところディスクブレーキではどうしても越えられない重量の壁もございます。車体重量=走りの軽さと言い切ることはできませんが、例えばヒルクライムなど登りにフォーカスしたシーンで重量が気になってしまうのは否定できません。

当店で展示しておりますTARMAC COMP。

フレームは上位EXPERTグレードと同じくFACT 10r。

ブレーキはダイレクトマウント形式。

シートポストはD型断面のエアロ形状のタイプ。

コンポーネントは信頼のSHIMANO ULTEGRA、という隙のない一台です。

非常に軽量でよく走る、レースバイクでありながら快適性も高い。VENGE・ROUBAIXも素晴らしいバイクですが1台でレースにロングライド、週末のサイクリングまで、全部やろうとするならハッキリとTARMACをオススメします。

ちなみに、ROVAL最後の最速リムブレーキ用ホイールとなってしまうのか?CLX50、CLX32店頭にございます。合わせてご検討いただくと実力は一気にS-WORKSに肉薄してくるかと。こちらも店頭でご覧ください。

ただいまウィンターキャンペーン開催中!

12月29日までとなっております。皆様のご来店お待ちしております。

 


本気で走れるフルサスMTB・2019年モデルがスペシャルプライス!

2019.Dec. 8

店頭のフルサスMTBが非常にお買い得となっておりますのでご紹介します。

来年のシーズンインに向けていかがでしょうか。グリーンシーズンまでにお得に手に入れられる最後のチャンスです!

 

■ STUMPJUMPER COMP CARBON 27.5 サイズ:M

¥490,000-(税別) → SPECIAL PRICE

fact11mカーボンを使用し、高剛性で軽量なフレームにSRAM NX EAGLE 1×12をアッセンブルされたこちらのモデル。COMPグレードでありながら、トップモデルのS-WORKSと同じカーボンをフレームに使用しています。前三角のメインフレームは、フレームサイズによって剛性を最適化しています。

持っても軽く、走りも軽いオールラウンドモデルです。

見る角度によってブルーやパープルに見えるカメレオンカラーが所有欲を満たしてくれます。

リアサスペンション周りの形状が特徴的ですが、軽さと剛性を両立させた形状となっております。軽量ながら荒れた路面でも後輪が跳ねることなくスムーズに走行できます。

MTB向けのボトルケージ「ZEE CAGE」とその下に携帯工具「EMT TOOL」が付属します。さらに、ボトルケージ取り付け部の下のフレーム内に小物が入るストレージもあります。

 

 

■ PROCESS 153 29 サイズ:M

¥320,000-(税別) → SPECIAL PRICE

KONAを代表するエンデューロマシンであるPROCESS153の、ホイールサイズが29インチのモデルがこちらです。

元々下りでの安定感が非常に高いのが特徴であるPROCESSシリーズですが、29インチのホイールとの組み合わせによりさらに安定感が増しています。

ペダリングロスの軽減と路面追従性、153ミリストロークという数値を感じさせない懐の深さがPROCESS 153の用途の幅広さに貢献しています。

PROCESS 153の要である剛性の高いリンクが目を引きます。かつトラニオンマウントのリアユニットがねじれに対する剛性を高めています。

フロントサスペンションは、ROCKSHOXのYARIを装備。別売りのダンパーアップグレードキットでダンパーを交換することが可能です。調整の幅が広がり、接地感が大幅に向上します。

気持ちラメがかった深みのあるグリーンとなっております。

 

■ PROCESS 153 27.5 サイズ:S・M

¥320,000-(税別) → SPECIAL PRICE

こちらはホイールサイズが27.5インチのモデル。コーナリングでの車体の寝かしやすさや軽やかな動きはやはり27.5が勝ってます。29インチに比べ圧倒的に車に積み込みやすいという隠れたメリットもございます。

カラーリングはマットブラックメインにグロスでラインとロゴが入る配色です。

最近のKONAはおしゃれなカラーリングが多く、見ていて飽きないものが多い印象です。風魔横浜でおすすめしているヘルメットブランド・SMITHと相性抜群です。

 

現在お買い得なキャンペーンを実施中です。この機会にぜひご検討ください。


2019 PINARELLO PRINCEがお求めやすくなっています

2019.Nov. 19

PINARELLOの「PRINCE」という名を冠するということは、そのバイクはPINARELLOが名車であると自信をもっているということの現れです。

 

ツール王者を支え続けるPINARELLOの技術と美しさをDOGMAから直系で受け継いでいるのがこのPRINCE。

ただいま風魔横浜店頭では、PRINCEの中でもさらに性能の高いPRINCE FXの2019年モデルがお求めやすくなっています。

■2019 PRINCE FX ULTEGRA 500size

¥528,000 (税抜) → SPECIAL PRICE&更にポイント還元!

 

PRINCE FXは他社のハイエンドに匹敵する東レT900ハイストレングスカーボンをマテリアルに用い、最高のレーシングバイクであるDOGMA F10のDNAを引き継ぐ造形のフレーム。

整流効果を促すフォークラップやダウンチューブやヘッドとフォークのチリ合わせなどF10を凌ぐテクノロジーすら投入されています。

ディスクブレーキが主流となりつつある今なお、選手からの要望がある限り本気のリムブレーキのバイクを作り続けているという点もPINARELLOらしいところ。

レーシングスペックのリムブレーキロードが欲しい!となった時に、もはや選択肢になりうるバイクは決して多くは無いのが現状ではないでしょうか。

このPRINCE FXならリムブレーキユーザーの方の強い味方となってくれるはずです。

PINARELLOのバイクはかっこよくなくてはいけない。そんな哲学の下に生まれるバイクは速いだけでなく当然美しく、ピナレロハンドリングと呼ばれる安定性や加速感などのライダーを満足させるレベルの高いフィーリングまで持ち合わせています。

在庫限りですのでお早めにどうぞ。まずは店頭でご覧ください。

 


KONA 2019年モデルクリアランス!

2019.Sep. 29

KONAの2019年モデルが大変お買い得となっております。

すでに2020年モデルが発表されているKONAですが、モデルによっては2019年モデルのカラーのほうが・・・なんてこともあるかもしれません。

今回ご紹介のモデルは2020でも仕様変更がない物がほとんどですので、色さえ好みに合えば確実にお買い得です。

オフィシャルサイトでご覧になって、ぜひ比べてみてください!

 

◆ PROCESS 153 27.5 M

¥320,000-(税別) → SPECIAL PRICE!

エンデューロバイクの代名詞ともいえるPROCESS 153。ゲレンデでの下りを楽しみたいなら迷わずこのモデル。フレーム・フォークの剛性が非常に高く、下りでの安定感は抜群です。

 

フロントフォークはROCKSHOX YARIが装着されています。シャーシは上位モデルであるLyricと同じとなっており、内部のダンパーはシンプルな機構となります。ただ、ダンパーもアップグレードが可能で、アップグレードキットに換装すれば実質Lyricと同様のフロントフォークとなります。

 

◆ BIG HONZO ST 27.5+ M

¥247,000-(税別) → SPECIAL PRICE!

人気のあったKONAのクロモリハードテール「EXPLOSIF」の後継にあたるモデルであるBIG HONZO ST。ジオメトリーは程よいロングリーチ、ショートチェーンステーとなり下りがより楽しめるバイクです。

 

EXPROSIFと同様リアセンターの長さを調整できるスライドドロップエンドとなっております。これによりシングルスピードも簡単に導入できます。また、29インチでのライドも可能です。

 

◆ UNIT X 27.5+

¥145,000-(税別) → SPECIAL PRICE!

前後サスペンションの無いフルリジッドマウンテンバイクという仕様で、UNITシリーズはkonaのラインナップとして定着しています。サスペンションが無いのでハードなダウンヒルは厳しい場面もありますが、バイクパッキングやオフロードツーリング等UNITこそ最高なシーンは間違いなく存在します。

 

こちらはSRAM NX 1×11ドライブトレインを装備したギアードのモデル。フレームはレイノルズ520クロモリパイプを使用しており、しなやかなで上質な乗り心地が特徴です。

 

◆ UNIT 27.5+

¥111,000-(税別) → SPECIAL PRICE!

こちらはフルリジッドかつ変速機構を持たないシングルスピードのモデル。最もミニマルな装備のマウンテンバイクとなります。それ故にメカトラブルのリスクが大幅に減少します。オフロードのツーリングはトラブルがつきものですが、UNITなら何も気にせず走り続けられます。

 

後々ディレイラーを付けて運用することも可能で、BIG HONZO ST、UNIT Xと同様スライドドロップエンドとなっております。トレイルを楽しく駆け抜ける際は短め、荷物を積んでツーリングの場合は伸ばして乗る、といった具合に走り方に応じてリアセンターを調整できます。楽しめるフィールドが多彩なUNITシリーズならではの機能となります。

 

店頭に展示しておりますのでぜひご覧下さい。

 


TARMACシリーズがスペシャルプライス!

2019.Sep. 22

ビギナーからセミプロまで、迷ったらこれを買えば間違いなし。

そんなロードバイクと言えばSPECIALIZEDのTARMACをおいて他にはありません。

長いTARMACの歴史の中でも、現行のSL6世代は初めてディスクブレーキに最適化されたフレームとしてその完成度の高さが当初から評価されてきました。

そんなTARMACシリーズが在庫限りのお買い得価格に!しかも現行モデルも対象となっています。

この機会をお見逃しなく。

 

■TARMAC DISC EXPERT 52サイズ

¥520,000 → クリアランス価格&さらに5%ポイント還元

 

S-WORKSに次ぐEXPERTグレードのTARMACです。メーカー完売モデルにつき、在庫限りとなります。

「性能を考えると安い」と言われることの多いS-WORKSと同様に、このグレードも非常にお買い得感がある価格設定。

FACT 10rのカーボンフレーム、R8000系アルテグラ、そしてROVALのカーボンホイール。

即実践投入が可能な、隙の無いスペックです。

 

しかしながらパーツよりもこの魅力的なカラーリングをご覧頂きたいと思います。

近年のスペシャライズドで人気のある、光の当たり具合によってさまざまに表情を変えるカメレオンカラー。

通常カメレオンカラーと言えば青がベースになっていることが多いのですが、このTARMACのように緑なのは珍しいです。

角度次第で緑とも紫ともつかない独特の色合いは所有欲を満たしてくれること間違いなし。

 

このバイクを語る時には外せないのが、標準で付いて来るROVALのC38。

38mmのハイト、最大外幅26.6mmのワイドリム、そしてチューブレス対応。

まさに近年のROVALが人気を博している要素が余すところなく投入されたようなホイールで、これを使えばROVALの良さが必ずご理解いただけることでしょう。

このホイールで物足りなく思える方はすぐにでもCLX50やCL50をご購入頂くべきです。

 

この他にも下記TARMACの在庫がございます。

■TARMAC COMP 52サイズ

¥360,000 → クリアランス価格&さらに5%ポイント還元

 

おそらく最後になると思われる、貴重なリムブレーキのTARMACです。こちらもメーカー完売モデルとなります。

通常のキャリパーブレーキではなく、ダイレクトマウント式なので強力な制動力を誇ります。

ディスクブレーキモデルのTARMAC COMPのフレームはFACT 9rカーボンなのに対し、リムブレーキモデルはEXPERTグレードと同一のFACT 10rを採用していることも密かなアピールポイント。

利便性や軽量さなど、リムブレーキにしかない利点を求めるならTARMAC COMPはまさにベストパートナーです。

 

■TARMAC DISC SPORT 52サイズ

¥260,000 → クリアランス価格&さらに5%ポイント還元

 

現行のTARMACの中では最も手の届きやすい価格であるSPORTグレードですが、シマノ 105の油圧ブレーキや変速システムが妥協なく採用されています。

特筆するべき点は、ベーシックグレードでありながらハイエンドモデルと同世代の金型であること。

過去のTARMACシリーズでは、このセグメントは1,2世代前の金型であることが多かったのですが、このTARMAC SPORTはしっかりとSL6フレームです。

比較的手の届きやすい価格でありながら、最新のTARMACが誇る完成度の高さをしっかりと体感できる名車と言えるでしょう。

 

今回記載のないサイズやカラーもお取り寄せできる可能性がございますので、ご希望があればお気軽にお問合せ下さい。

皆様のご来店、お待ちしております。


なめらかに速く!2019年ROUBAIXがお買い得となっています。

2019.Sep. 9

 

 

specializedのエンデュランスロード、ROUBAIXの2019年モデルがお買い得となっていますのでご紹介いたします。

 

■ ROUBAIX SPORT 【サイズ:52】 ¥270,000-(税別) → お問い合わせください。

石畳を走行するクラシックレースである【パリ~ルーベ】から名付けられたこのモデル。石畳を想定しているだけあり、振動吸収性が非常に高くなるよう設計されています。

実際に石畳を走るかどうかはさておき、ロングライドでの疲労の蓄積に大きく関与する‶乗り心地″を追求したバイクです。ホビーライダーにとって長距離を長時間気持ちよく走れるか否かはモチベーションにも影響します。

コンポーネントはシマノ 105を搭載。信頼の性能です。

ROUBAIXといえばフォークコラム上の「FUTURE SHOCK」。このROUBAIXがデビューしたときの衝撃を覚えています。

前輪からハンドルに伝わる振動・衝撃をシャットアウト。荒れた路面でもぐいぐい加速できます。

リアはシートステーとシートチューブの接合部をずらし、さらにシートポストを固定する位置を下げ、振動を抑えています。

非常になめらかな乗り心地が得られます。振動が大幅に軽減され、結果として速く走れるというのがROUBAIXです。粗い路面でも減速しないので走りがよりスムーズになります。

フレームカラーはブラックにオイルスリックのロゴが入ります。見る角度によってはグラデーションに見えるロゴがとても鮮やかです。

握る位置が高くなるライザーバーが装着されていますので、リラックスしたいときはしっかり休めるポジションがとれます。

2020年度の新型ROUBAIXも高性能でおすすめですが、細身で軽やかな2019ROUBAIXも十分な魅力です。

 

店頭に展示しております。サイズ等ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。