ROAD


MGM GROMA RACING TEAM

2019.Mar. 12

GROVE鎌倉・港北・宮前平・青葉台、アウトドアスペース風魔横浜を運営するMGMグループによるレーシングチーム、「MGM GROMA RACING TEAM」(エムジーエム グローマ レーシングチーム)を発足し活動していきます。

2019年シーズンより実業団登録をしJBCFや関東近郊のロードレースから参戦していきます。レース活動から得られたフィードバックも今まで以上に皆様にお伝えしていきたいと考えています。

チーム員も随時募集中!詳しくは各店スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

https://www.facebook.com/gromaracingteam/

まずは今週末、JBCF 修善寺ロードレースへ参加いたします!

皆さま応援よろしくお願いします!

 


7MESH CYPRESS HYBRID JACKET & VEST

2019.Mar. 12

真冬用のジャケットとお別れして春を全身で感じられる季節になった今日ですが、シーズン通してかなり長い時期有益に使えるシェルジャケット&ベストをご紹介させていただきます。

7MESH CYPRESS HYBRID JACKET

僕ら風魔横浜が強烈にリコメンドする7MESH。シンプルなデザインの向こう側には非常に高い機能性が。シリアスに実際にサイクリストでもあるスタッフがフィールドでトライ&エラーを繰り返し、マイナスの美学に則って最もシンプルで最も機能的なウェアをラインナップしています。

全てが立体裁断で作られる7MESHのウェアは持った重量以上に着心地が軽い。大体持った重量も軽いのですが。

このCYPRESS JACKETはいわゆるウィンドブレーカー、なのですが防風素材にGORE WINDSTOPPER ACTIVEシェルを用いる事でちょっとの雨は弾いてくれます。とここまでは評価の高いウィンドブレーカーであればよくある機能。

サイドにはベンチレーションの為の開口部が大きく取られています。ただし、実はこれただの空気穴ではありません。中に着たジャージのバックポケットにアクセスできるジッパーなのです。

ジャケットをめくってジャージのバックポケットから物を取り出すのは結構大変で、たまにコンビニなどで全然財布が取れなかったりしたことありませんか?CYPRESS JACKETはポケットがひとつもない究極にシンプルな作りなのですが、こうして開口部を広く取りジャージのバックポケットにアクセスできることでその問題をクリアにしています。

また裏返すと色々分かるのですが、ライド時前面にあたる部分だけに防風のパネルが貼ってあり、それ以外の部分は空気が抜けて蒸れを防止する4WAYストレッチ素材です。立体裁断に加えて全方向にストレッチする素材なので着心地は抜群です。

生地同士を圧着しているシームテープも必要最低限なのがわかると思います。これによりウェアの軽さが、そして生地の機能を最大限発揮できる、ということにもつながります。

カナダのカリスマ的アウトドアブランドで多数の名作アウトドアギアを作ってきたスタッフが在籍する7MESH。培ってきた技術力の高さが垣間見えるかと思います。

こちらはCYPRESS HYBRID VEST。やはり同じように前面が防風のパネル、後身頃は空気が抜けストレッチする素材です。今現在お持ちのウェアと相談してジャケットがいいかベストがいいか決めていただくのがいいですね。

グッと引っ張ってみたところ。よくあるシェルジャケットと全く違うのはこのストレッチと素材感です。完全に雨をしのぎたい場合には7MESHですとハードシェル・ソフトシェルそれぞれ他にも選択肢がありますが1年を通して使い続けられるジャケットは少ないのではないでしょうか。

ウィンドブレーカー・保険として1枚持っていきたい時・富士ヒルの下り・AACRの朝・真夏のスコールなどなど、長い季節お気に入りの一着としてライドのお供に連れて行っていただけること間違いありません。

 

カラーラインナップはジャケット・ベストそれぞれで写真のブラックとレッド。マットな質感が肌触りの良さと高級感も感じさせます。レッドはオレンジにも近い視認性の高い色味なので安全性を高めるアイテムとしてもおすすめです。

 

CYPRESS HYBRID JACKET ¥32,000-(税抜)

CYPRESS HYBRID VEST   ¥23,000-(税抜)

 


ALLEZ SPRINT イチオシのカラーが入荷しました!

2019.Mar. 11

最速のアルミロード、ALLEZ SPRINTの2019年新作カラーが入荷しました!

非常に良い色でしたのでご紹介いたします。

 

◆ ALLEZ SPRINT COMP Gloss Cosmic Mint/Oil

¥185,000-(税別)

最速のアルミフレームとして頂点に立ち続けているALLEZ SPRINTですが、ポテンシャルの高さに関してはもはや説明が必要無いほど。つい先日、あのPeter Sagan選手が公式戦で使用したのが記憶に新しいですね。詳しい車体の説明はこちらをご覧下さい。

 

キラキラ入りのミントカラーに、Oilというパープル混じりのホログラムカラー。

 

ダウンチューブのメインロゴ、フロントフォーク、シートステーのラインがこのOilカラーとなっています。今年からフロントフォークが単色ではなくしっかりグラフィックが入ったのもポイントです。

オイルスリック・ホログラム系カラーのパーツもスパカズ等多くのブランドから出ておりますのでパーツ選びも楽しいはず!無理してオイルスリックカラーにこだわらず、ターコイズカラーで攻めるのもありです。

ALLEZ SPRINTのようにとても手の込んだアルミフレームであれば、どんなにパーツをアップグレードしてもやり過ぎということはありません。パーツやホイールをアップグレードしてのご納車も承っておりますのでお気軽にご相談ください。特徴的なフレームカラーですので人と被らないパーツアッセンブルにしていただくと面白いこと間違いなしです。

 

実際に見ていただくのがいいカラーリングです。店頭にて展示しておりますのでぜひご来店ください。


Troy Lee Designs 2019年アパレル入荷!

2019.Mar. 9

ヘルメットのカスタムペイントから始まったTroy Lee Designs より2019年モデルのアパレルが入荷しました!

3月に入りグリーンシーズンももう間近ですのでMTBウェアを物色されている方も多いのではないでしょうか。

今年もTroy Lee Designsはデザイン・機能性ともに最高の仕上がりとなっています。

 

 

◆ SKYLINE SS JERSEY CHECKER CAMO

¥7,000-(税別)

 

◆ SKYLINE LS JERSEY SPEED SHOP BK/BK

¥ 8,000-(税別)

 

◆ SKYLINE SHORT CAMO STEALTH

¥ 9,800-(税別)

 

◆ SKYLINE SHORT BLACK

¥ 9,800-(税別)

 

プロテクターもございます!主にトレイルライド等でご使用いただけます。

 

◆ RAID KNEE GUARD BK

¥ 15,000-(税別)

 

◆ SPEED KNEE SLEEVE BK ※写真右

¥  6,800-(税別)

◆ SPEED KNEE SLEEVE YOUTH ※写真左

¥ 6,400-(税別)

あえてYOUTHのサイズを入れていますが、KNEE用を肘に使うと非常に調子が良いんです。

 

トレイルを登って下って遊ぶには一番心地よい季節ですし、ゲレンデオープンも近づいて参りました。

サイズなど風魔横浜店頭にてお試し下さい。皆様のご来店お待ちしております。


コラムカットのすゝめ

2019.Mar. 4

皆さんのロードバイク、ステム上の“フォークコラム”残していませんか??

もちろん最初から切ってしまうのはポジションやカスタマイズの観点からお勧めしませんが、

ポジション、パーツ構成が決まってもそのままのバイクを多く見かけます。

不要になった“コラム”はカットしましょう!!

なぜ残してはいけないのか?主な理由は以下の通りです。

こちらはスペシャライズドのインストラクションマニュアルの一部で

ステム上部のスペーサーは“ゼロ”、ステム下部は40mmMAXとなっています。

例外としてSL6 TARMACはステム下のスペーサーは45mm、

新型VENGEはステム上10mmがOKとなっています。

その他のカーボンコラム採用車種はマニュアルの通りです。

なぜこのようなマニュアルになっているかと言いますと

答えは一目瞭然、コラムに挿入されるアンカーにステムのコラムクランプ部が掛からず、

コラム破損防止の役割を持ったアンカーが本来の仕事を出来なくなってしまうからです。

もちろんこの様な状態で起きた破損は、メーカー保証対象外となる可能性大・・・。

万が一走行中に破損してしまったら・・・、と想像するだけでも恐ろしいですね。

また、ステムの上に飛び出したコラムは、バイクのルックスを損ねるだけで無く

ぶつけたりして怪我をしてしまう事だって十分に考えられます。

 

流石に乗り換えたばかりのニューフレームのコラムを潔くカット・・・。

と言うのは我々もお勧めするのを躊躇してしまいます。

これからポジションを煮詰めて、憧れだったパーツに交換してなど、

カットする為の準備が整わないとお勧め出来ません。

ではどうするか?

各完成車ブランドの純正品ではありませんが、ロングアンカーの使用をお勧めします。

こう言った長いアンカーを使用すれば、ステム上にスペーサーを積んでも

ステムがクランプする箇所にアンカーが届き、締め付けに対して効果を発揮してくれます。

とは言え、あくまで社外品となりますのでこちらの長期使用もあまりお勧めできません。

メーカー保証対象は“オール純正”の状態が基本。(コンポのアップグレードなどは例外ですが。)

早いうちに純正アンカーへ戻したいのが本音なんです。

邪魔なコラムと決別する最短ルートは“フィッティング”

見栄でも、かっこ良さでも無く、自身にしっかりと合ったポジションを得る事。

風魔横浜ではデジタル計測のRETULフィッティングを実施しております。

コラムカットと合わせまして、フィッティングのご相談も随時受け付けておりますので

店頭までお気軽にお問い合わせ下さい。

 


S-WORKS EXOS、EXOS 99 S-WORKSから2つの革新的なシューズの登場です

2019.Feb. 27

重量わずか150g。Boaダイヤルを搭載した最軽量のサイクリングシューズS-Works EXOSの登場です。

圧倒的に軽いのはもちろんのこと、S-WORKSシューズに欠かせない機能が網羅されたシューズ。

部材が徹底的に削減され、UV加工のみ、積層無しのダイニーマメッシュにて構成されるアッパー部分は布1枚で出来ているかのよう。ソールは最先端素材を用いたS-WORKS7からさらに圧力マッピングなどの研究によりそぎ落とされ、見るからにメッシュ部分が増えています。軽量になった分で剛性指数は13と前作S-WORKS6と同程度。S-WORKS7は15なので硬すぎるソールに抵抗があるという方にも。

もちろんS-WORKSの作るシューズなので快適性を犠牲にすることはありません。素材感と相まって足の包まれている感覚と足先の自由度は他のシューズでは感じられないものでしょう。

基本的にS-WORKS7と同じ足型ですが、素材と締め方が異なるのでサイズ感も若干変わります。

が、先日の展示会にて試着した際に私の場合は同じサイズで大丈夫でした。また、シューズの軽さがどれだけ感じられるものかと思ったのですがちょっと足を持ち上げただけでも感じ取れます。これを、例えばケイデンス90とすると1時間に5,400回上下させるわけで、ホイール外周部と同じく円運動の外周が軽いというのはかなり大きなアドバンテージになります。

いつものライドや練習はS-WORKS7、とっておきのレースにはEXOS、なんて憧れる使い方ですよね。個人的にも強烈な物欲の高まりを感じています。

S-WORKS EXOS ¥48,000-(税抜)

続いて市販のサイクリングシューズの中で世界最軽量のシューズのご紹介です。

S-Works EXOS 99 その名の通り99gのシューズです。

500足限定。スペシャライズドがこれまで開発した中で最も労力を要した製品とのこと。

EXOS 99はBoa仕様のEXOSとは異なり紐でホールドするタイプ。ライド中に締めなおせなかったりBoaのように一瞬でリリース・ホールドはできませんが軽量で、実際レース中に締めなおすことなどほとんどしたことがありませんし、紐を結ぶ過程はシューズという機材を愛でる・そしてその後のライドに思いをはせる大切な時間です。

この尖りまくったシューズは受注発注になります。店頭にてスタッフまでお申し付けください。

S-WORKS EXOS 99 ¥68,000-(税抜)

 

SPECIALIZEDを取り扱うようになって感じるのはこんなにワクワクを届けられるブランドは他業種含めてもなかなか無いのではないか?ということ。

EXOSももちろんそうですが、これからのプロダクトにも期待です。


【袖ヶ浦チャレンジ2019】 レースに遊びに行きましょう

2019.Feb. 16

車では気付けなかった景色に目を奪われたり、あの港にあるうまい定食を食べに行ったり、今まで行ったことのないようなところに走りに行ったり、その距離が少しずつ伸びていったり、去年上ったあの山を今年は何分で登れたり、ロードバイクの楽しみ方は人それぞれ無限にあると思います。

そんなロードバイクの楽しみ方の一つとして「レース」というものがございます。

少し敷居が高く感じてしまわれるかもしれませんが、初心者の方でも楽しめるレースやイベントは沢山あります。

何より走り切った後の達成感、自分の限界にチャレンジした人だけが味わえる幸せな瞬間です。

今回お誘いするのは【袖ヶ浦チャレンジ2019

3月31日 袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて開催されるサーキットエンデューロ。

コースは走りやすくチャレンジするにはもってこいの本格レースサーキットです。

ちょっと興味があったので、お客様数名に「一緒に遊びに行きませんか」とお声がけしたところ参加したい!と言ってくれた方がいらっしゃったのでこうして大々的にお誘いする事に致しました。

レースにはいくつかカテゴリーがございます。レベルごとの距離設定、243km、200km、160km、100km。ソロの名の通り一人で完走を目指すものと2名~5名の男子・女子・男女混合と色々な形態でのチームエントリーも可能です。

仲間と一緒だったらレースに出てみたい!という方がいらっしゃいましたらまずは当店までご連絡ください。チームでのエントリーを希望するのかソロでチャレンジしてみるのかなども教えていただけますとありがたいです。

エントリーは3月13日までですが早めにエントリーをしてしまいたいと考えています。今日現在100kmと160kmのソロがすでに締め切られキャンセル待ちになっています。

3月末、春真っ盛りのイベント。だいぶ薄着で走れるようになっているのではないでしょうか?この冬乗り込んでいる方もゆっくりシーズンインを考えている方も、みんなで遊びにいけたら嬉しいです。

 


「KSYRIUM PRO UST」ロング・ヒルクライム・レースまで使える一押しホイール!

2019.Feb. 16

MAVIC(マヴィック)というブランド、改めて皆様ご存知でしょうか?

フランスにて1889年に創業された130年という長い歴史を持つブランドで、当時よりホイールの分野で最先端を走っていました。過去には電動コンポーネントを開発していたことも!

「リムはマビック」なんて聞いたことあるのではないでしょうか。高い工作精度でライダーの信頼も厚い、今なお自転車ホイールに新しい技術を採用しシーンをリードし続けています。

昨年、ものすごい勢いで市民権を獲得した「ロードチューブレス」。チューブレスタイヤは転がり抵抗の削減や軽量化、快適性の向上、チューブを使用しないことでパンクリスクを低減できるなどなど、今までなしえなかったロードバイク用タイヤの高性能化を図れる新たな規格として注目されている規格です。

以前より存在していた規格ですがいまいち普及しなかったのは取り扱いの難しさ。それを排除しチューブレスを一ライダーでも扱いやすくしたのがMAVICのUSTチューブレスシステムで、その第一弾が今回ご紹介するキシリウムプロUSTです。

キシリウムという以前より評価・完成度の高い優秀なホイールがチューブレス化によりさらなる進化を遂げています。

MAVIC独自のWTSというホイールとタイヤでトータルで性能を発揮できるよう開発された技術による、タイヤを装着しやすくビードをあげやすいトラブルレスのホイールシステムです。

実際店頭でタイヤをはめる際にもコンプレッサーではなくフロアポンプでも簡単にビードが上がるので、シーラントを入れる以外では特にクリンチャーと変わらずに作業ができます。

チューブレスはクリンチャーよりも低い空気圧で運用できることがかなり大きなメリットとなるはずです。

MAVICでは「MY MAVIC」というアプリも発行しており、このアプリでライダーに最適な空気圧も確認できます。ちなみに保証登録なども出来ますのでMAVICユーザーで使ってらっしゃらないと言う方はチェックしておいてください。

KSYRIUM PRO USTは軽量で走るシーンを選ばずに普段のライドからレースまで使いやすい非常に優秀なホイールです。

とても評判がよかった前作よりも多くの点が改良されよりKSYRIUMらしさが増したホイールと言えるのではないでしょうか?

新設計のInstant Drive 360やペイントが出来るほど幅の広いZICRALスポーク、フロントハブはフランジ幅が広がるなど乗ればすぐに感じ取ることが出来る「かかりの良さ」が特徴のホイールです。前後重量も1420gと非常に軽量ですが、乗った軽さはスペック以上。チューブレスタイヤによる転がり抵抗の低減でその走りの軽さはより洗練されています。他ブランドの同じくらいのスペックのホイールと比べてみても、キシリウムは「USTチューブレス」によって明らかに一歩抜きんでた存在になりました。

そろそろ春の足音も聞こえ始めてきました。

完成車についているホイールからの交換であれば1ランクも2ランクも上の走りが実感できます。オンシーズンのイベントもエントリーが始まったりとじわじわ今年のモチベーションも上げたいところ。KSYRIUM PRO UST、非常にオススメです。

 

MAVIC KSYRIUM PRO UST ¥140,000-(税抜)

 

 

ちなみに、僕らがMAVICをオススメする理由は軽くて速いからとか、チューブレスの乗り心地を体験してもらいたいからとか、だけではなくて、「壊れにくくて丈夫」というのもオススメの理由です。スモールパーツの提供も行われているので修理もスピーディーにできますが、何より丈夫です。ぜひMAVICで何万kmも走っていただきたいと思っております。


【レースレポート】カーフマンジャパンデュアスロングランプリ南関東ステージに参戦してきました

2019.Feb. 12

2019年は新しいことにチャレンジしていきたいVol.1、今回は「デュアスロン」に挑戦してきました。

「デュアスロン」とはラン⇒バイク⇒ランで行われる複合競技。「デュ」というのが「2つの」という意味を持つ言葉でランニングとバイクを表しています。ちなみにトライアスロンは「3つの」。スイム・バイク・ランで争うと言う事になります。

基本的にスポーツ関係は自転車しか乗っていない私ですが、プロでもオフトレとして冬にランニングをすると言う事を耳にしたり、何よりトライアスロンに興味がじわじわと湧いてきておりまして。お客様の中でも精力的にランニングをしている方がいたりトライアスロンに参加している方も多く、これは体験しておかないと!というのが参戦を決めた理由です。

先に言っちゃいますが楽しかった!新たなステージで挑戦するっていうのはいつでもなんでも楽しいものですね。

 

今回参加してきたのはカーフマンジャパンの開催するデュアスロングランプリ南関東ステージ。川崎マリンエンデューロでもおなじみの川崎市東扇島が会場です。

歩行者・自転車専用の地下道を通り会場へ。ロードバイクのレース会場とは少し雰囲気の違う会場に勝手のわからなさも楽しみながら受付・試走をしレースに備えます。特にトランジションエリア。ランからバイクの乗り換えなんてしたことがなかったものですから係員の方に色々教えていただきながら準備しました。年齢層が幅広いのはロード以上。学生や女性参加者の方が多かったのも印象的でした。都市部での開催だからか応援に来られている方も多かったように思います。

寒すぎてタイムスケジュールは10分遅れでレーススタート。初挑戦ですしランの自信がゼロの私はビギナーカテゴリーでのエントリー。トライアスロンへの挑戦を決めた方やオフトレとしてランも走っているお客様数名もビギナーで出てみませんか?とお誘いし一緒に参加しました。

ちなみにビギナーはラン2km⇒バイク10km⇒ラン2km。上位カテゴリーであるエリート・エイジクラスはラン5km⇒バイク30km⇒ラン5km。同レースにはGROVE鎌倉店長も遊びにきておりさすがエイジクラスでのエントリー。リスペクトです。

ちょうど雪がやみ、まず最初にキッズクラスがスタート。1分後にビギナーとジュニアクラスが同時スタートします。

ランの自信がゼロとは言え、距離も短いし大きく差は開かないだろうと、1分程度の差なら余裕でバイクで取り戻せるだろうと考えていましたがスタート直後から中々のペース。前とはどんどん差が開いていきます。直線のコースを折り返すので前の様子も分かるのですが先頭付近はランの軽やかさが違う。ランはバイクよりも体にかかる負担が大きいので、心配能力は高いがランの筋力が育っていないサイクリストは追い込んでしまってケガをしやすいのです。突っ込み過ぎないように気を付けてペースを落とさないようになんとかラン2kmをこなし問題のトランジションへ。

トランジションはこんな感じ。バイクラックに番号が振ってありそこにヘルメット・シューズをそっと置いておくんですね。

デュアスロンやトライアスロンの事は全く考えずに選んだ僕のラン用シューズはゴム紐。普段から脱ぎ履きしやすく締め付けも程よいので良かったのですがたまたまトランジションがとてもスムーズに行えました。

適当にBOAダイヤルを締めてシクロクロスばりに飛び乗ってバイクパートへ。直角コーナーが2か所ある往復の直線平坦コース4.8kmを2周回します。ウェットだったのでコーナーは攻めないように。曲がりきったら全開で踏んでスピードが乗ったらFTPで巡行。バイク中にドリンク補給は済ませておきたかったのですが案外風があり、先にスタートしていたキッズも多く走っていたのであまり飲めず。普段短い距離のレースばかりだったり、ライド中ものどが乾いたら自動販売機というスタイルの私は補給が苦手という弱点も発見できました。

直線コースを折り返すので一緒に参加している方とすれ違えます。声を掛け合ってテンション上がりましたね。

そりゃそうなのですが自転車は得意なので、割と何人か抜いて2回目のランへのトランジションへ。残念ながらパンクでDNFしてしまったチームメイトがコース脇にいて今3位と教えてくれました。

ついうっかり欲が出て、いつもよりペースが速かったのでしょうか、走り出して30秒で左ふくらはぎが攣り足首が90°で硬直。自転車ならある程度攣ってもごまかしながら走れるのですが、何もわからないランではもう止まるしかありません。2~30秒かけて全体重でなんとか伸ばして走り出したときには2人に抜かれ前はもう遥か彼方。幸いなことに後ろから追ってくる感じもありません。脚はもうダメなのでゆっくりですがなんとか走ってゴール。5位でした。

今の力全て出し切ったのと、目標としていたバイクパート1位はゲットできたのでかなりの達成感でした。

感覚的にはヒルクライムに近いのかな?それぞれの目標を達成するために日々練習・準備してレースに臨む。「自分との闘い」感が強い競技だと感じました。ロードレースでは優勝した人だけが勝ちで2位以下は全員負けみたいな感覚がありますが(その分優勝したらめちゃくちゃ気持ちいい!)、デュアスロンの自分に負けなかった選手は全員勝ち!のような感覚。上位カテゴリーになればなるほど相手とのレース感は高まると思いますが、この感覚が競技人口が増えている要因なんじゃないかなと思いました。

今後も機会があればデュアスロン・トライアスロンとチャレンジしていきたいと思っております。トライアスリートの先輩方には色々教えて頂き、面白そうだからやってみたいと言う方は一緒に切磋琢磨できればいいですよね。いきなりトライアスロンバイクやシューズなど専用のものを用意する必要はどうやらなさそうなので、まずはいつものバイクで参加してみる!というのが良さそうです。僕のTARMACもゼッケンのシールがデュアスロンっぽくてなんだかいい感じです。

雨天のディスクブレーキがやっぱり最高だった話やスタート3分前まで強烈な腹痛でDNSすら考えた話は店頭で。

また一緒に遊びに行きましょう!お疲れ様でしたっ!


S-Works Tarmac Disc + S-Works Venge Disc × SRAM eTAP AXS

2019.Feb. 8

 

唯一のワイヤレスコンポーネントとしてその地位を揺るぎのないものにしていたSRAM RED eTAP。第2世代となるSRAM RED eTAP AXSが発表されものすごい勢いで皆様のタイムラインを埋め尽くしていると思います。

12速化によるギア構成の変化について、対応ホイールパーツについてなどなど、多く議論もなされていますが、早速SPECIALIZEDからSRAM RED eTAP AXS搭載のバイクが発表されました。

 

発売開始は2月17日。あまり悩む時間はありませんが、悩む理由もないのではないでしょうか。

ご購入ご希望の方はご予約が必須になるのではないかと考えられます。バイクサイズでお悩みの方はRETUL MUVEを使って各サイズの再現もいたします。分からないことがございましたらスタッフまでご相談ください。

S-Works Tarmac Disc – SRAM ETAP ¥1,050,000-(税抜)

S-Works Venge Disc – SRAM ETAP ¥1,250,000-(税抜)