ROAD


Mavic ALLROAD SL

2022.May. 4

Mavicのラインナップ上ではグラベル向きの位置付けですがオンロード・オフロード問わず活躍できる、その名の通り「ALLROAD」なホイールをご紹介します。

 

■Mavic ALLROAD SL DCL ¥104,500-(税込)

ぱっと見はKsyrium SLと同じですが、大きく異なるのがリムの作りです。

Ksyiriumが内幅19mm、フックドリムですが、Allroadは内幅22mm、フックレスリムになっています。

推奨されるタイヤ幅は28~46mm。フックレスワイドリムによってかなり太めのタイヤまで装着できるようになっています。

 

フックレスリムのメリットとしては

・リム内幅が広がるのでエアボリュームが増える

・リムウォールの構造がシンプルになり、軽量・頑丈になる

・リムとビードの接触面積が増えるのでタイヤが変形しづらくなる

といったことが挙げられます。

 

ちなみに、フックレスリムでは基本的にクリンチャータイヤは使用できませんが、Allroadはクリンチャータイヤでの運用も可能です。

 

Allroad SLの前後ペア重量はなんと1590g。

内幅22mmとかなりワイドなリムのホイールとしてはかなり軽い部類です。

Kysrium SLが前後ペア1575gなのを考えると、かなり優秀なのがわかると思います。

 

Kysrium SL同様、リムに直接ニップル用のネジ山を切りリムテープのいらない構造のFOREテクノロジーや、スポーク同士が接触せず、すべてのスポーク長が同じにできるインフィニティハブプラットフォームも採用されています。

 

Allroadのワイドリムと軽さがあればグラベル的用途はもちろん、ロードでも大活躍しそうですね。

特に28c以上のタイヤを履くことの多いルーベなどのエンデュランス系のバイクにはピッタリです。

快適性などのバイクの性格を伸ばしつつ、走りにさらに軽快感を出せるのではないでしょうか。

前述の通りスポークやハブは共通なので、Kysriumの走りの軽さや剛性感はAllroadにもしっかりと引き継がれています。

 

と、そんなことを書いていたら私が欲しくなってしまいました。

ホイールを検討中だけど何を買えばいいかわからないというそこのアナタ!

風魔横浜スタッフがあなたにベストな一本をご提案いたします。

在庫情報等もお気軽にお問い合わせください!

 

~当店の新型コロナウイルス感染症防止対策について~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

2月1日より当面の間、毎週木曜日の定休日に加え第1・3水曜日(祝日は営業)を休業日とさせて頂きます。

詳しくはSHOPカレンダーにてご案内させていただきます。

ご不便をお掛け致しますがご了承の程よろしくお願い申し上げます。