S17_7mesh_SynergyJersey_LS_Womens-500

ROAD


7MESH 珠玉の一着 -SYNERGY JERSEY-

2017.Oct. 30

来ましたね!やっと来ました!晴れた秋!青い空!

先週まで皆様ずっと思っていたことでしょう。

「気持ちのいい天気の時に気持ちの良い場所を走りたい。」

天気を変えることは出来ませんが、体感する温度や湿度をウェアによって調整することは可能です。

7MESH SYNERGY JERSEY

F16_Synergy_Story_7mesh_2

 

こんなにも調子のいいジャージは他にありません。

薄手軽量、前面が防風、着心地の良い立体裁断によるフィット、背面は湿度がこもらない素材、耐久撥水加工 DWR。

 

ちょうど今くらいの時期ですと「朝晩は冷えるし、もしもの雨にも対応できるウィンドブレーカーをアウターに。中には半袖ジャージにその日の気温にあったインナーをチョイスして、温度調整もしやすいようにアームウォーマーなどと併用する」のが一般的だと思います。

私も昨年まではこれで快適だと思い込んで走っていました。日中や強度が高くなった時には背中のポケットは真ん中に財布とアームウォーマー、右に携帯とカギ、左に無理くりウィンドブレーカーを押し込んだような状態でした。ニーウォーマーまで外したくなったら荷物の許容範囲をオーバーしてしまう。

朝晩寒いのには代えられないし、むしろこれで当たり前と思い込んでいたので当然のようにそうしていました。

 

勘のいい方はもうお気づきですよね。SYNERGY JERSEYがすべて解決してくれます。

前面が防風というのは身頃だけでなく腕部分も。これだけでウィンドブレーカーとアームウォーマーが不必要になります。GORE社のWINDSTOPPER®という防風・耐久撥水素材を使用しています。

7MESHがGORE社の素材を使わせてもらっているだけでなく、素材の共同開発をしている唯一のサイクルウェアブランドだと言うのはもう皆様ご存知ですよね。

7mesh_Synergy_S16_detail2

強度の高いライドでも背面は熱が抜けるような、前面とは違う素材を使っているので問題ありません。もがき倒して汗だくになりそうだったらちょっとずつファスナーを開けたらオッケー。

表面に撥水加工がなされている「DWR」という文字も最近よく見るようになってきましたが、洗濯することで元の撥水性能を取り戻すことが出来るというのはアウトドアアクティビティのバックボーンがある7MESHならでは。実際先日雨の宇都宮で着用していましたが、その撥水性の高さには驚きました。小雨程度なら全く染み込まず雨は体まで届きません。

7mesh_Recon_Web_6

2017年、今年のカラーはブラックとブルーOX。

過去リリースされていたカラーも秀逸なのですが、とても使いやすい2カラーだと思います。

バックポケットは3つ、左右にはジップポケットも。非常に軽量、着心地も良いです。

F17_7mesh_SynergyJersey_LS_Black_Front_WebF17_7mesh_SynergyJersey_LS_BlueOx_Front_Web

S・M・Lサイズはなるべく在庫しています。サイクルウェアはサイズ感だと思いますので、ぜひ風魔横浜へ。

あんまり調子いいのでわたくし色違いを買おうか検討中です。個人的2017ベストバイかもしれません。